初夏のナパ

見渡す限り、ぶどう畑。久々にナパにやってきた。

f0328897_14025371.jpg

日本からの訪問客ロザモンドとアベローネと私たち夫婦の四人で、ナパで一日を過ごした。

f0328897_13401777.jpg

まずは、サンフランシスコの Sear's Fine Food に寄り道。(http://www.searsfinefood.com/)

スウェーデン式パンケーキが有名らしい、昔ながらのダイナーで朝食。私は巨大なブルーベリーパンケーキを完食に限りなく近い所まで食べて見せた。飾り気のないパンケーキは、完璧そのもの。

f0328897_13420432.jpg

新しい所を開拓する良いチャンス。初めて Frog's Leap を訪れた。(http://www.frogsleap.com/)

f0328897_13564382.jpg

ガーデンでのワインテイスティングに参加した。日によってセレクションが違うと思うが、私たちはシャルドネ、ジンファンデル、メルロー、キャベルネの四種類を試飲した。ワイングラスを持って、敷地内を探検する。

f0328897_14095136.jpg

レモングラスにセージ、バジルにローズマリー、色々なハーブが植えてあって、どこを歩いていても素晴らしい香り。

f0328897_14104767.jpg

ぶどう畑に出た。「ぶどうって、もっと背の高いイメージだった」とロザモンドが驚いている。あと、土がカラカラ。この方が美味しいぶどうが生るのかしら。

f0328897_14123542.jpg

この小さなツブツブは、ぶどうのベビー?美味しいワインになるんだよ~。

f0328897_14594140.jpg

所々でバラが元気に咲いている。ブドウとバラって、似たような天気を好むのでしょうか。よくペアを組まされているような。

f0328897_14144765.jpg

ランチは Farmstead at Longmeadow Ranch へ。
(http://www.longmeadowranch.com/eat-drink/restaurant)

二人ずつ向かい合える、外のカウンター席がちょうど空いた。

f0328897_14241126.jpg

マカロニ&チーズ。

f0328897_14244913.jpg

ホースラディッシュマヨネーズの、ローストビーフサンドイッチ。飲んでいたからか、非常に美味しかった。コールスローも、リンゴが入っていてナイスタッチでした。

f0328897_14580690.jpg

次に向かったのは Chateau Montelena。(http://montelena.com/)

f0328897_14535224.jpg

1976年にパリで行われたかの有名なブラインドテイスティングで、シャトー・モンテレーナのワインがシャルドネ部門で一位に輝き、フランスのワイン界を驚かせた。

f0328897_14563304.jpg

ちなみに赤ワイン部門も、まだ歴史が浅いカリフォルニアワインが堂々と優勝。確かStag's Leap の赤だった。この大事件について、アラン・リックマン主演の映画がありましたね、そういえば。

f0328897_14541280.jpg

葉っぱに隠れて、こんな案内人が。

f0328897_15001399.jpg

緑がいっぱいのワイナリー。

f0328897_15002060.jpg

一時期、中国人経営者がいたそうで、その時代に造られた中国っぽい(?)あずまやが池の真ん中にある。ちょっと不思議な光景ではある。

f0328897_14595517.jpg

池の周りを歩いたり、花を眺めたりしているうちに、3軒目に行く時間がなくなってしまった。

f0328897_15084856.jpg

ほろ酔い気分でモンテレ―ナから出てくると、私たちの車だけぽつんと取り残されていた。なんだか、清々しい気持ち。




にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

[PR]
# by majani | 2017-05-23 15:28 | Trackback | Comments(0)

ユニオンスクエアのバー

乗馬の話と言えば、「馬に乗る天使」を食べてきました。

箱根でケーキを食べた迷子になったりした仲間のロザモンドが日本から遊びに来ていたので、数日サンフランシスコで過ごした。

f0328897_07201923.jpg

ホテルに近い場所でお店を探す。たどり着いたのは、ユニオンスクエア周辺のレストランバー、 Anchor & Hope (http://anchorandhopesf.com/) 。

カウンター席に座り、エンジェルズ・オン・ホースバックを注文。牡蠣のベーコン巻きをそう呼ぶらしいです。ナツメヤシをベーコンで巻いて焼いたものを devils on horseback と言うけれど(これも大好き)、天使版は知らなかった。とっても美味しかったので、家で再現してみようと思う。

f0328897_07203751.jpg

生牡蠣やセビーチェなど、海鮮料理が中心のレストラン。

わいわい楽しくやっていたら、隣に腰を下ろした一人で来ている男性が私たちと全く同じアペタイザーばかりを頼んで、何枚も写真を撮っては熱心にインスタグラムに投稿し始めた。ご苦労様ですと声を掛けたくなるほど、頑張っていました。

f0328897_07204628.jpg

ハラペーニョが利いているロックコッドのセビーチェと、スイートポテトのチップス。

ロブスターロールを二人でシェアしたいとバーテンに話したら、食べやすいように分けて出してくれました。バターたっぷりのプリプリなロブスターに、テータートッツとコールスローサラダ、これもまた大変美味しかった。

f0328897_07210376.jpg

友人と合流し、バーを二軒回る。

隠れ家的な Benjamin Cooper (http://benjamincoopersf.com/) と、カクテルが専門の Pacific Cocktail Haven (http://www.pacificcocktailsf.com/) 。ガヤガヤしているイメージが強い観光街のユニオンスクエアにも素敵なバーがあるのねと、新しい発見でした。

f0328897_07211108.jpg

それにしても、頼むものが見事にバラバラ。古き良き友達に、乾杯。



にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
[PR]
# by majani | 2017-05-17 08:15 | 食べる人々 | Trackback | Comments(0)

ハーフムーンベイの一日

久々のハーフムーンベイ。雲が一つもない青空に、ブルーのビーチパラソル。

優雅に寝そべりに来たわけではなく、日本から遊びに来ている義妹のアベローネちゃんの提案で、ハーフムーンベイで乗馬をすることになったのです。

f0328897_09370741.jpg

トレールの下見をする。こんなビーチを馬に乗って颯爽と駆け走る自分の姿が全くイメージできない。馬は美しくて大好きだけれど、子供の時におとなしいポニーにちょっと跨がせてもらった経験しかないので、小心者の私は振り落とされないか心配。

2時間コースを予約していた Seahorse Ranch に到着すると、沢山の馬が日陰に並んでいる。一頭ずつ、鞍に馬の名前が書きこんである。身長と体重を事前に伝えておき、牧場側が体格に合う馬を選んでおいてくれるシステムだが、コースを始めるまでどの馬とペアを組まされるのか分からない。あの Grumpy という馬だけは絶対に当たりたくないと神に祈りながらヘルメットを調整した。

リルケはつやつやで真っ黒のソンブラという馬、アベローネはおっとりしている白と茶色のモー君。私は一回り小さい、ハチミツ色の馬が与えられた。その名は「サムライ」。いきなり不安が募る名前です。

10歳くらいのサムライは、ティーナ・ターナーみたいなワイルドなたてがみだった。

f0328897_10093516.jpg
アイスプラントの花畑。

アベローネに続き、私とサムライ、最後にリルケの順番で一列になり、花畑や小川を渡るトレールを進み始めた。

サムライがしょっちゅう遅れを取ってしまう。美味しそうな花があると味見してみたり、立ち止まったかと思うといきなりパカパカ走り始めたり。完全になめられてるなあと思いながらも、物ぐさなサムライに親近感を抱くようになった。

f0328897_10094774.jpg
サムライはアイスプラントには興味がない。

一応、ガイドが付いている。カウボーイ帽子を被ったダンディーなアルマンドは、哀しげな目の Eeyore に乗って先頭を行き、時々、後ろの私たちの様子を確認する。アルマンドは、「アミーガ、アミーガ」とスペイン語で話しかけてくる。

f0328897_10481872.jpg

花畑の難関を突破したかと思うと、今度はビーチに降りて馬をギャロップさせるのだとアルマンドが言う。「アミーガ、サムライがギャロップし始めたら、尻をこう上げるんだ!ほら、私の尻を見ろ!」とお手本まで見せてくれました。

落馬して足を折ったら教授に遊んでいたことがバレる!そう一心に思いつめ、必死に腰を上げてサムライにしがみつく。カメラが厳しく禁止されていたので証拠写真が一枚もないのですが、ちゃんとギャロップできました。本当ですよ。

f0328897_10095605.jpg

土と日向の匂いを身にまとい、フードトラックに似せた Dad's Luncheonette で遅いランチを。(バナナスラッグの帰りに寄った同じ場所ですが、グリルチーズ屋さんはもうなくなっていた。)

f0328897_10101063.jpg

ハンバーガーサンドと、グリルマッシュルームのサンドの二種類から選ぶ。ちょっぴり辛いマヨネーズベースのソースに、赤玉ねぎのピクルスとフライドエッグが挟んである豪快なサンドイッチは、海風に吹かれた体のエネルギー補給にぴったり。

f0328897_10101786.jpg

お髭の爽やかオーナーが上の厨房から出てきて、自らサンドを渡してくれた。ここで作っているポテトチップスと、マリオンベリーのブロンディー(ココアパウダーを使っていないブラウニーの様な焼き菓子)も美味しかった。

f0328897_10102436.jpg

乗馬マシンがあるくらいだから、体中の筋肉を使うのでしょうね。巨大なサンドを食べた後もまだお腹が空いていた。

晩御飯はマウンテンビューの Eureka! という店で、イチジク、ベーコンとアルグラのハンバーガーに、厚めに切ったフレンチフライ。一日に二度もニュー・アメリカンな外食で大満足。

その夜は、サムライに乗っている夢を見た。



にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
[PR]
# by majani | 2017-05-09 11:35 | 旅に待ったなし | Trackback | Comments(2)


ナンデモアリフォルニアの某大学院で研究中。海外生活、旅、散歩で出会った生き物などの記録です。たまに哲学や語学に関するエッセイもどきも。


by majani

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
言葉と物
旅に待ったなし
院生リンボー
食べる人々
動物王国
ナンデモアリ
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

Like what you see?

ランキングに参加しています。
ハリネズミと蛙をクリックしてね。




ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

ライフログ









タグ

最新の記事

初夏のナパ
at 2017-05-23 15:28
ユニオンスクエアのバー
at 2017-05-17 08:15
ハーフムーンベイの一日
at 2017-05-09 11:35
トカゲと休憩
at 2017-05-03 06:48
桜とヤシの木
at 2017-04-02 06:47
コヨーテヒルズ
at 2017-03-30 09:29
富裕とワガママ
at 2017-03-23 12:46
彫刻の森
at 2017-03-16 13:41
チャップリンの靴を食べる
at 2017-03-10 06:06
至高の昼ご飯
at 2017-03-08 05:39

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ

ブログパーツ

検索