ワインカントリー

いつ訪れても清々しい気分にさせてくれる、まっすぐな緑の列が並ぶブドウ畑。家族を連れて、再びナパにやってきた。

f0328897_09010654.jpg

今回は色々なキャベルネを試してみようということで、 Silver Oak と Stag's Leap Wine Cellars の二軒を訪れた。

f0328897_09042894.jpg

最初のストップは Silver Oak Winery(www.silveroak.com)。白い塔がトレードマークで、市販のワインボトルのラベルもこの塔が必ず描かれている。



ウェブサイトではワインに合わせる料理のレシピを色々紹介している。エアルームトマト、アボカド、モッツァレラチーズなどを使ったビタミンカラー満載の「モザイク」サラダは簡単かつ見栄えする一品で、ディナーパーティーで使えそう。


f0328897_09060636.jpg

ルビー色のぽってりとした薔薇が咲き乱れるワイナリー。

f0328897_09062130.jpg

この季節はラベンダーも満開。

f0328897_09061300.jpg

予約がなくても試飲ができるシルバーオークはキャベルネを中心にワイン造りをしている。深みのある2012年のキャベルネがとても美味しかった。

テイスティングは30ドルだが、気さくなスタッフがたっぷりと注いでくれて、ワインを購入すると料金を割引してくれた。ありきたりなワインの説明ではなく、スタッフの自然な会話が良かった。

f0328897_09063343.jpg

ブドウ畑は何度見ても飽きない。本当に気持ち良い。

f0328897_09293064.jpg

次は Stag's Leap Wine Cellars へ(https://www.cask23.com/)。

f0328897_09520716.jpg

テイスティングは外で行われる。

f0328897_10101594.jpg

先月ナパを訪れた際、1976年にフランスで行われたテイスティングでまだ歴史の浅いシャトーモンテレ―ナがシャルドネ部門の一位に輝いたと話しましたが、Stag's Leap Wine Cellars も当時キャベルネで高得点を取り、今となってはカリフォルニアの老舗のワイナリーの一つ。

f0328897_09521589.jpg
上はこの夏ではなく、前回訪れた時の写真。ワイナリーのクラブメンバーである友人と訪れたので少しテイスティングの内容が違った。このお兄さんは先週も一生懸命にワインを注いでいた。

Stag's Leap に来るのは二度目なのに、前回教えてもらったことをすっかり忘れていたリルケと私。テロワールが隣同士でも味が全く違うものになるんですよと、スタッフが丁寧に教えてくれる。

f0328897_09360809.jpg

例えば、SLVと記されたテロワールは、火山灰堆積物(?)が土に入り込んでいるだかなんだかで、すぐ隣の Fay のブドウを使っているまろやかなワインに比べ、SLVの方は「ヴォルキャニック」な味がするらしい。

火山性の味・・・言われてみればする、かな・・・。ヴォルキャニック、ヴォルキャニックとしつこく言われ続けているうちにそんな感じがしてくるのが不思議。

f0328897_09361646.jpg

今回試飲したワインはどれもとても美味しかった。一番高価なワインを注ぎながら、「これこそイエスのジュース」だと陽気なスタッフが自慢した。

四人で二つのテイスティングをシェアしてちょうど良い量。45ドルのテイスティングはワインを購入すると無料になる。また、試飲した4つのワインの中で SLV キャベルネ(例のヴォルキャニックなやつ)が好みかなとスタッフに話したら、味のプロフィールが似ている他のキャベルネも試飲させてくれた。

f0328897_10120080.jpg

ご馳走様でした!



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by majani | 2017-06-30 11:31 | 食べる人々 | Trackback | Comments(2)

街中のタタンカ

サンフランシスコの街のど真ん中で、北米最大の哺乳類がのんびりと暮らしていることを最近知った。アメリカンインディアン部族のラコタ族が「タタンカ」と呼ぶアメリカンバッファローのことだ。

それがゴールデンゲートパークにいるのだというからビックリ。植物園のついでに、街中のタタンカに会いに行ってきた。

f0328897_09044563.jpg
ゴールデンゲートパーク内。このすぐ近くにバッファローがいる。

同じゴールデンゲートパークでも、花のコンサーバトリーから徒歩45分かかる場所にタタンカはいるらしい。面倒くさがり屋の私たちは車で移動して、広い公園に再び踏み入った。

しばらくして、黄色い野花が咲く原っぱに出た。なんだ、タタンカいないじゃない、おかしいなとウロウロしていると、原っぱのぽつぽつと茶色い物体が微かに動いているのに気が付いた。

f0328897_09035215.jpg

何だか気が抜ける光景である。5、6頭のバッファローが、行き交う人たちに冷たく無視されながら、のそのそと野原を散歩している。群れを作るものだと思っていたが、6頭ぽっちじゃ群れが作れないのだろうか。

タタンカってけっこうコミカルなんですね。一頭、一頭が、道に迷ったかのように無闇にウロウロしている。かと思えば、急に何かを思い出したのか一頭がドドドドドと走り出し、それにつられて他のバッファローも(違った方向に)ドドドと駆け出す。すると今度は、アレなんで走ってたんだっけ?という感じで、パタリと停止する。

f0328897_09040090.jpg

子供の頃、カナダのアルバータ州で過ごした夏休みを思い出した。

アルバータ州カルガリー出身の家族友人に招かれて母と行ったのだが、大自然のアルバータは都会っ子の子供にとってかなりツマラナイ田舎(大人になった今、再訪したら感激すると思う)。友人の年齢が近い息子と最初は張り切って遊んでいたものの、私たちはすぐ退屈し始めた。家族友人は気を遣ってくれたのだろう。親しい友達がバッファロー牧場を運営しているので(今思えば不思議な友人がいるものだ)ちょっと遊びに行ってみないかと提案された。

カナダの牧場で初めて見たバッファローはトラックのように大きく、ひん曲がった背中にボロボロになった茶色い絨毯を無造作に乗せているような奇妙な姿だった。

牧場の気さくなおじさんが、どうだい、餌をやってみたいかいと言った。小心者の私はそうでもなかったのだが、大人たちの「是非やってみなさい」というキラキラした視線の下、「ハイ、では」と小さく答えた。

f0328897_09040760.jpg

柵に近づくとバッファローが何頭かこちらにやってきて、お面を被っているような巨大な頭をゆっくりと振る。馬に餌をやるときと同じ法則で、手を平らにしてバッファローに差し出すのだと教わった。これがすごく怖い。いかにもおつむが弱そうなだけに。

そおっと野獣のごつい顔に手を近づけると、バッファローは助走(?)を付けすぎたのか、私の腕を肘が見えなくなるまでごっそり口に含んだ。噛まれたわけではないが、びっくりして腕を引き出すと餌は消えていて、肘までビッチョリ、白く曇った臭い唾液がまとわりついていた。

後で皮膚が真っ赤になるまで腕をゴシゴシ洗ったが、私は一日中バッファローの強烈なよだれ臭を放っていた。ひどく熱く感じたバッファローの口の中の感触は今も明確に覚えている。

f0328897_09041554.jpg

後日、6千年前からバッファロー狩りが行われてきたヘッド・スマッシュト・イン・バッファロージャンプ(Head-Smashed-In Buffalo Jump)というユネスコ世界文化遺産に登録されている史跡を訪れた私は、ささやかなリベンジとして、史跡の近くでバッファローの肉を使ったハンバーガー、「バイソン・バーガー」を食べた。

f0328897_09033601.jpg

ゴールデンゲートパークからバスで戻ってきた。たまたまバッファローの絵が描いてあるワインを見つけたので、その夜はバッファローのジンファンデルで乾杯。味は、まあまあ。

f0328897_09034325.jpg
でもコルクが可愛い。

ゴールデンゲートパークに住むバッファローたちは食べられる心配なく、サンフランシスコ動物園の係の人たちにちやほやされながら一生を過ごす運命。

街中のタタンカは、今日もおかしな茶色い絨毯を背中にのっけて散歩をしている。




にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
[PR]
# by majani | 2017-06-22 13:14 | 動物王国 | Trackback | Comments(0)

想い出のサンフランシスコ

サンフランシスコでトニーベネット(の銅像)に会ってきた。

去年、90歳の誕生日を迎えたジャズ界の伝説的な存在トニーベネット。その記念に、サンフランシスコのノブヒルにあるフェアモントホテルにトニーの銅像が作られた。

トニーベネットは1961年にフェアモントホテルのベネチアルームで『想い出のサンフランシスコ』("I Left my Heart in San Francisco")を歌っている。

f0328897_06434043.jpg

両親がサンフランシスコに遊びに来てくれたので、家族揃って、トニーベネットをテーマとした一日を過ごした。

フェアモントホテルに例の銅像があると聞いていたが、ホテル内の中庭にでもあるのかと思いきや、冷たい風が吹く入口付近にでーんと立っていたのが少し意外だった。「なんか顎の感じがちょっと違うんぢゃないか」「マイクを持っているのはどう思うね」とわあわあ騒ぎながら、芝生にずいと乗り込んでいき、トニーと写真撮影を行う。

ジャズを好む父は、トニーベネットの大ファン。何十年分ものアルバムを全て持っていて、東京の公演に駆けつけたり、トニーにハグをしてもらったりしている。私自身も、母のお腹にいた頃から彼の歌声をずっと聴いている。顎の感じがちょっと違っていたとしても、実に感慨深い。

f0328897_06562377.jpg
上のマークホプキンズを始め、フェアモントやリッツカールトンなど高級ホテルが多いノブヒル。

良い仕事をしたという顔で大満足の父が煙草に火を点けると、パンクロッカー姿の若いイギリス人カップルがやってきて、トニーベネットの銅像に気が付いた。「オーマイゴッド、トニーじゃない!」と興奮しながらケータイで写真を撮り始める。すると今度はスポーツコートを着た中年男性が銅像の前で立ち止まった。満面の笑みを浮かべ、トニーとずっと向き合っていた。

90になっても衰えることのない歌唱力と年々増していく魅力の持ち主のトニーベネットには長生きをしてほしいと、心の底から願う。

f0328897_07044713.jpg

先月、ロザモンドと一緒に行ったユニオンスクエアの Sears Fine Foods にまた立ち寄った。トニーベネットもこのダイナーで食べたことがあるのかな。彼のサイン入りの写真が何枚も飾ってある。

f0328897_07054036.jpg

有名なスウェーデン式パンケーキを頼んでみた。小さくて薄いパンケーキが18枚(!)運ばれてきた。温かいメープルシロップとホイップバターでぱくぱく食べる。流石に18枚全ては食べきれなかったが。

f0328897_07082139.jpg

お勘定をすると金色のトーケンがもらえる。それを入口付近にあるスロットマシンに入れてレーバーを引くと、次のブランチが無料になるかも?

クジ運が強い母にスロットマシンをさせたが、今回はハズレ・・・

f0328897_07134544.jpg

さて、トニーベネットの『想い出のサンフランシスコ』のLPカバーに霧がかかったゴールデンゲートブリッジが映っているのだが、父がその風景を是非とも再現したいとのこと。

どこから写しているのかリルケにも一緒に研究してもらい、プレシディオの方へ出かける。

f0328897_07155749.jpg

結果がこの写真!いかがでしょう。

この日はからっと晴れていて霧が無かったけれど、橋の影の角度もけっこう近いのでは。父はとても喜んでくれた。




にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
[PR]
# by majani | 2017-06-20 07:30 | 旅に待ったなし | Trackback | Comments(2)


ナンデモアリフォルニアの某大学院で研究中。海外生活、旅、散歩で出会った生き物などの記録です。たまに哲学や語学に関するエッセイもどきも。


by majani

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
言葉と物
旅に待ったなし
院生リンボー
食べる人々
動物王国
絵葉書もどき
ナンデモアリ
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

Like what you see?

ランキングに参加しています。
ハリネズミと蛙をクリックしてね。




ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

ライフログ









タグ

最新の記事

世界一大きな木
at 2017-09-17 03:20
砂漠の魚を探して
at 2017-09-10 04:40
砂漠道中
at 2017-09-08 02:55
ロードトリップ始まる
at 2017-08-27 12:11
引越し作業
at 2017-08-03 06:24
水族館に行く
at 2017-07-31 05:54
カーメルとモンテレーの海
at 2017-07-27 05:47
ちょっと、日本へ
at 2017-07-25 03:24
びっくり
at 2017-07-03 05:58
ワインカントリー
at 2017-06-30 11:31

最新のコメント

BBpinevalley..
by majani at 00:03
すっごく面白かったです。..
by BBpinevalley at 17:17
Michiさま 絶対に..
by majani at 03:08
Majaniさん、朝から..
by Michi at 10:59
Michiさま 仮免で..
by majani at 04:36

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ

ブログパーツ

検索