雨の日のロダン

降ったり止んだりの雨。天気のせいでブルーになりがちな日は、ロダンの考える人の顔をのぞきに行く。

f0328897_10560629.jpg

毎日、キャンパス内の美術館の前を通ってオフィスに向かう。雨の日の人影は、ロダンの彫刻だけ。

f0328897_10570512.jpg

ある夕方、寄ってみた。

f0328897_10571354.jpg

『地獄の門』。「考える人」が門の中心に座っている。よしよし、今日も考えているね。

f0328897_10534893.jpg

晴れていれば美術館のオープンエアカフェに座って、ビールを飲みながら生徒のペーパーの採点ができるのになあ。上は一年前にそうしていたとき。お気楽に過ごしていた時期だった。

f0328897_10565643.jpg

生徒たちが書いたエッセイの山を築き、今夜も作業に取り掛かる。大学院生には週末も平日もないんだなと、今さらだけれど、改めて思う。


Or me.

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
# by majani | 2017-02-25 11:28 | 院生リンボー | Trackback | Comments(2)

ポイントレイズの一日

冬はどうも運動不足になってしまう。リルケに誘われて、久々にハイキングに行ってきた。

f0328897_08015701.jpg

向かったのはポイントレイズ。以前はここでエルクの求愛を観察したが、今回はペニンシュラの南側の Palomarin Trailhead から歩き出し Alamere Falls という滝を見る目的だ。

f0328897_07160590.jpg

最初に出会ったのは、カリフォルニアでよく見かける真っ青なカケスの一種、California scrub jay 。

f0328897_07250861.jpg

木のてっぺんに、小さな丸いシルエット。双眼鏡で確認してアンナハチドリ(Anna’s hummingbird)だと分かった。まるで派手な帽子を被っているような赤い頭が雄の特徴。

f0328897_08022243.jpg

小鳥が多いトレールで、姿が見えなくても茂みの中から聞こえてくるさえずりと波の音がハイクのBGM。鳴き声で鳥の種類を教えてくれるアプリってないのかな。

f0328897_07561189.jpg

パロマリンのトレールはダグラスファーとユーカリの木が目立つ。

f0328897_07525550.jpg

海岸から少し離れ森の中に進んでいくと、ところどころに池や小さな湖がある。上は「ペリカンレイク」というが、ペリカンはお出かけ中なのだろうか。

f0328897_07554790.jpg

最近の大雨でトレールは以前になく青々としている。

基本的にはルピナスや、西部劇に出てきそうなセージブラッシュ、また赤がかったコーヒー豆のような実をつけるカリフォルニア・コーヒーベリーなど、乾いた地域で育つ植物が多い。

f0328897_07551261.jpg

それにしてもアラミア・フォールズが全然出てこないぢゃないか!泥道に飽きてきたころ、違うルートから歩いてきた、ワイルドキャット・キャンプ場に向かっているボーイスカウトたちに遭遇した。

f0328897_08083183.jpg

ボーイスカウトのリーダーに滝を探していると話してみると、どうやらリルケと私はずっと前に曲がる地点を逃していたようだ。若者たち、助けてくれてありがとう。

f0328897_08023567.jpg

アラミア・フォールズにやっと到着。滝も良いけれど、海の方がドラマチック。

f0328897_08024759.jpg

見晴らしがよい崖の先っぽにリュックを下ろし、グラノーラやチョコレートを食べながらの休憩。

f0328897_08030918.jpg

若いミヤマシトド(white-crowned sparrow)がすぐ側までやってきた。成長したミヤマシトドは冠がシマウマの模様のように白と黒に変わる。

f0328897_08031972.jpg

ミヤマシトドもランチタイム。ぴょこぴょこと飛び跳ねながら、草と砂利の中から餌を見つける。

f0328897_08032974.jpg

ピンと背筋を伸ばし、何かが気になる様子。崖の裏からアカオノスリ(red-tailed hawk)が気持ちよさそうに巡回してくると、ミヤマシトドはしゅっと茂みの中に消えてしまった。

f0328897_08295912.jpg

アラミア・フォールズが折り返し地点。そろそろ出発です。

f0328897_08021339.jpg

午後の優しい光で、トレールの表情が少し変化している。迷子になった時間も含めて半日がかりで楽しんだ out-and-back ハイク(同じ道を歩いて戻ってくるという意味)だった。

f0328897_08033866.jpg

帰りの道はとても静か。

f0328897_08145715.jpg

途中で車を降り、ディナー中のイソシギの群れを見つける。

f0328897_08040464.jpg

最後にもう一度、ポイントレイズを確認。ちょうど日が沈むところだった。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
# by majani | 2017-02-19 10:12 | 旅に待ったなし | Trackback | Comments(0)


ナンデモアリフォルニアの某大学院で研究中。海外生活、旅、散歩で出会った生き物などの記録です。たまに哲学や語学に関するエッセイもどきも。


by majani

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
言葉と物
旅に待ったなし
院生リンボー
食べる人々
動物王国
ナンデモアリ
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

Like what you see?

ランキングに参加しています。
ハリネズミと蛙をクリックしてね。




ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

ライフログ









タグ

最新の記事

桜とヤシの木
at 2017-04-02 06:47
コヨーテヒルズ
at 2017-03-30 09:29
富裕とワガママ
at 2017-03-23 12:46
彫刻の森
at 2017-03-16 13:41
チャップリンの靴を食べる
at 2017-03-10 06:06
至高の昼ご飯
at 2017-03-08 05:39
雨の日のロダン
at 2017-02-25 11:28
ポイントレイズの一日
at 2017-02-19 10:12
レバノン料理
at 2017-02-15 14:51
クラムチャウダー国家
at 2017-02-13 09:41

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ

ブログパーツ

検索