タグ:散歩 ( 7 ) タグの人気記事

街中のタタンカ

サンフランシスコの街のど真ん中で、北米最大の哺乳類がのんびりと暮らしていることを最近知った。アメリカンインディアン部族のラコタ族が「タタンカ」と呼ぶアメリカンバッファローのことだ。

それがゴールデンゲートパークにいるのだというからビックリ。植物園のついでに、街中のタタンカに会いに行ってきた。

f0328897_09044563.jpg
ゴールデンゲートパーク内。このすぐ近くにバッファローがいる。

同じゴールデンゲートパークでも、花のコンサーバトリーから徒歩45分かかる場所にタタンカはいるらしい。面倒くさがり屋の私たちは車で移動して、広い公園に再び踏み入った。

しばらくして、黄色い野花が咲く原っぱに出た。なんだ、タタンカいないじゃない、おかしいなとウロウロしていると、原っぱのぽつぽつと茶色い物体が微かに動いているのに気が付いた。

f0328897_09035215.jpg

何だか気が抜ける光景である。5、6頭のバッファローが、行き交う人たちに冷たく無視されながら、のそのそと野原を散歩している。群れを作るものだと思っていたが、6頭ぽっちじゃ群れが作れないのだろうか。

タタンカってけっこうコミカルなんですね。一頭、一頭が、道に迷ったかのように無闇にウロウロしている。かと思えば、急に何かを思い出したのか一頭がドドドドドと走り出し、それにつられて他のバッファローも(違った方向に)ドドドと駆け出す。すると今度は、アレなんで走ってたんだっけ?という感じで、パタリと停止する。

f0328897_09040090.jpg

子供の頃、カナダのアルバータ州で過ごした夏休みを思い出した。

アルバータ州カルガリー出身の家族友人に招かれて母と行ったのだが、大自然のアルバータは都会っ子の子供にとってかなりツマラナイ田舎(大人になった今、再訪したら感激すると思う)。友人の年齢が近い息子と最初は張り切って遊んでいたものの、私たちはすぐ退屈し始めた。家族友人は気を遣ってくれたのだろう。親しい友達がバッファロー牧場を運営しているので(今思えば不思議な友人がいるものだ)ちょっと遊びに行ってみないかと提案された。

カナダの牧場で初めて見たバッファローはトラックのように大きく、ひん曲がった背中にボロボロになった茶色い絨毯を無造作に乗せているような奇妙な姿だった。

牧場の気さくなおじさんが、どうだい、餌をやってみたいかいと言った。小心者の私はそうでもなかったのだが、大人たちの「是非やってみなさい」というキラキラした視線の下、「ハイ、では」と小さく答えた。

f0328897_09040760.jpg

柵に近づくとバッファローが何頭かこちらにやってきて、お面を被っているような巨大な頭をゆっくりと振る。馬に餌をやるときと同じ法則で、手を平らにしてバッファローに差し出すのだと教わった。これがすごく怖い。いかにもおつむが弱そうなだけに。

そおっと野獣のごつい顔に手を近づけると、バッファローは助走(?)を付けすぎたのか、私の腕を肘が見えなくなるまでごっそり口に含んだ。噛まれたわけではないが、びっくりして腕を引き出すと餌は消えていて、肘までビッチョリ、白く曇った臭い唾液がまとわりついていた。

後で皮膚が真っ赤になるまで腕をゴシゴシ洗ったが、私は一日中バッファローの強烈なよだれ臭を放っていた。ひどく熱く感じたバッファローの口の中の感触は今も明確に覚えている。

f0328897_09041554.jpg

後日、6千年前からバッファロー狩りが行われてきたヘッド・スマッシュト・イン・バッファロージャンプ(Head-Smashed-In Buffalo Jump)というユネスコ世界文化遺産に登録されている史跡を訪れた私は、ささやかなリベンジとして、史跡の近くでバッファローの肉を使ったハンバーガー、「バイソン・バーガー」を食べた。

f0328897_09033601.jpg

ゴールデンゲートパークからバスで戻ってきた。たまたまバッファローの絵が描いてあるワインを見つけたので、その夜はバッファローのジンファンデルで乾杯。味は、まあまあ。

f0328897_09034325.jpg
でもコルクが可愛い。

ゴールデンゲートパークに住むバッファローたちは食べられる心配なく、サンフランシスコ動物園の係の人たちにちやほやされながら一生を過ごす運命。

街中のタタンカは、今日もおかしな茶色い絨毯を背中にのっけて散歩をしている。




にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
[PR]
by majani | 2017-06-22 13:14 | 動物王国 | Trackback | Comments(0)

想い出のサンフランシスコ

サンフランシスコでトニーベネット(の銅像)に会ってきた。

去年、90歳の誕生日を迎えたジャズ界の伝説的な存在トニーベネット。その記念に、サンフランシスコのノブヒルにあるフェアモントホテルにトニーの銅像が作られた。

トニーベネットは1961年にフェアモントホテルのベネチアルームで『想い出のサンフランシスコ』("I Left my Heart in San Francisco")を歌っている。

f0328897_06434043.jpg

両親がサンフランシスコに遊びに来てくれたので、家族揃って、トニーベネットをテーマとした一日を過ごした。

フェアモントホテルに例の銅像があると聞いていたが、ホテル内の中庭にでもあるのかと思いきや、冷たい風が吹く入口付近にでーんと立っていたのが少し意外だった。「なんか顎の感じがちょっと違うんぢゃないか」「マイクを持っているのはどう思うね」とわあわあ騒ぎながら、芝生にずいと乗り込んでいき、トニーと写真撮影を行う。

ジャズを好む父は、トニーベネットの大ファン。何十年分ものアルバムを全て持っていて、東京の公演に駆けつけたり、トニーにハグをしてもらったりしている。私自身も、母のお腹にいた頃から彼の歌声をずっと聴いている。顎の感じがちょっと違っていたとしても、実に感慨深い。

f0328897_06562377.jpg
上のマークホプキンズを始め、フェアモントやリッツカールトンなど高級ホテルが多いノブヒル。

良い仕事をしたという顔で大満足の父が煙草に火を点けると、パンクロッカー姿の若いイギリス人カップルがやってきて、トニーベネットの銅像に気が付いた。「オーマイゴッド、トニーじゃない!」と興奮しながらケータイで写真を撮り始める。すると今度はスポーツコートを着た中年男性が銅像の前で立ち止まった。満面の笑みを浮かべ、トニーとずっと向き合っていた。

90になっても衰えることのない歌唱力と年々増していく魅力の持ち主のトニーベネットには長生きをしてほしいと、心の底から願う。

f0328897_07044713.jpg

先月、ロザモンドと一緒に行ったユニオンスクエアの Sears Fine Foods にまた立ち寄った。トニーベネットもこのダイナーで食べたことがあるのかな。彼のサイン入りの写真が何枚も飾ってある。

f0328897_07054036.jpg

有名なスウェーデン式パンケーキを頼んでみた。小さくて薄いパンケーキが18枚(!)運ばれてきた。温かいメープルシロップとホイップバターでぱくぱく食べる。流石に18枚全ては食べきれなかったが。

f0328897_07082139.jpg

お勘定をすると金色のトーケンがもらえる。それを入口付近にあるスロットマシンに入れてレーバーを引くと、次のブランチが無料になるかも?

クジ運が強い母にスロットマシンをさせたが、今回はハズレ・・・

f0328897_07134544.jpg

さて、トニーベネットの『想い出のサンフランシスコ』のLPカバーに霧がかかったゴールデンゲートブリッジが映っているのだが、父がその風景を是非とも再現したいとのこと。

どこから写しているのかリルケにも一緒に研究してもらい、プレシディオの方へ出かける。

f0328897_07155749.jpg

結果がこの写真!いかがでしょう。

この日はからっと晴れていて霧が無かったけれど、橋の影の角度もけっこう近いのでは。父はとても喜んでくれた。




にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
[PR]
by majani | 2017-06-20 07:30 | 旅に待ったなし | Trackback | Comments(2)

夕方の散歩道

少し涼しくなった夕方、散歩に出かけた。

f0328897_06325789.jpg

フェイスブックの近くの Bedwell Bayfront Park。

工業地域に挟まれた、160エーカーある鳥のオアシスだ。遅くまで明るい6・7月は、毎日夜9時まで開いている。

f0328897_06391182.jpg

リルケとお互いの研究について話し合いながら歩く。歩きながらだと閃きがあると、誰かに教わったような?

私より背の高い草が揺れる姿は、月に手を振っているように見える。

f0328897_06393390.jpg

水が多いエリアで、ダイサギなどが姿を見せる。

f0328897_06394175.jpg

地面に巣を作るアナフクロウもこの公園に住んでいるらしいが、残念ながら一度も見たことがない。

ピックルウィードが 生き生きとしている。

f0328897_06394925.jpg

帰り道。八時を過ぎてもまだ明るい。

f0328897_06414352.jpg

夏になると、晩御飯を食べてから散歩に出かけることが多い。

パロアルトの Baylands Nature Preserve は小鳥が多くて、特に気に入っているお散歩スポット。以前も、写真を何枚か載せました。

f0328897_06420672.jpg

インフォメーションセンターの建物の周りを歩いていたら、視線を感じた。ふと見上げると、

f0328897_06421495.jpg

小鳥です。巣の中から、早くあっちに行ってくれないかナと、私たちの様子を窺っている。真正面から見るとちょっとマヌケなお顔が可愛い。

もうすぐ、夏休み。

Bedwell Bayfront Park
https://www.menlopark.org/Facilities/Facility/Details/Bedwell-Bayfront-Park-6

Baylands Nature Preserve
http://www.cityofpaloalto.org/gov/depts/csd/parks/preserves/baylands.asp





にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

[PR]
by majani | 2017-06-06 07:24 | 動物王国 | Trackback | Comments(0)

コヨーテヒルズ

フリーモントのコヨーテヒルズ公園で散歩をしてきました。

f0328897_16234490.jpg

雲一つ見当たらない、吸い込まれそうな青い空に恵まれた。

f0328897_08373872.jpg

色々な水鳥がグワグワとお喋りをしている。

f0328897_08372896.jpg

ピックルウィードのどこかに、親指サイズの可愛らしいネズミが潜んでいるはず。一度見てみたい。

f0328897_08371511.jpg

銀色のキツネも姿を見せるらしいのですが、この日は残念ながら現れず。

f0328897_08450943.jpg

トレール沿いにバードハウスが設置されている。写真の左側に見えるグレーのものがそう。

f0328897_08554287.jpg

ツバメ(かな?)たちは人間が近づいてもお構いなしで、慌ただしく巣作りに励んでいた。

f0328897_08502089.jpg

一方、この小鳥はじっと休憩中。

f0328897_08511537.jpg

まっすぐなトレールを離れ、丘を登ってみる。

f0328897_08504498.jpg

緩やかに見えるのに、息切れしてしまう。運動不足です。

f0328897_08505394.jpg

飛行機雲がかすかに残っている。

f0328897_16243823.jpg

帰り道の橋で、私たちの前を歩いている帽子を被ったおじさま二人組が、ある論文についてじっくり話し合っていた。私もリルケとこうやって仲良く論じ合いながら、これからも散歩をしていきたいな。

遅い時間まで、明るかった。春本番です。



にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

[PR]
by majani | 2017-03-30 09:29 | 動物王国 | Trackback | Comments(0)

星空により近く

ハミルトン山の Lick Observatory までドライブをしてきた。

f0328897_08132479.jpg

リック天体観測所は、10校に及ぶカリフォルニア州の公立大学システムに在籍中の天文学者が利用する研究施設だ。

f0328897_08144314.jpg

うねうねした山道をカタツムリのペースで一時間近く上る。なかなかドーム型の天文台との距離が狭まらない。

やっと何か白い建物が見えてきたと思うと、研究者たちの宿舎だった。写真の右下に見える貨物列車のような形の宿舎で、私たちと同じ身分の大学院生や研究者が生活しているのだ。

f0328897_08145224.jpg

彼らは星空の学者たち。主に夜に仕事をするので、日中は寝ている。学者たちを起こさないように「静かにお願いします」と看板が立っていた。

夕方までは研究所の一部が一般公開されている。

f0328897_08141299.jpg

ロビーに入ったところに、「グーグルありがとう」のバナーが垂れ下がっていた。グーグル社から資金が出ているらしい。

f0328897_08135140.jpg

天文台の中。

f0328897_08134381.jpg

その昔の天文学者たちは、自分の目に頼るしかなかった。上は、エドワード・エマーソン・バーナードが、1891年7月に望遠鏡をのぞきながらスケッチした天体の観察記録。

数年後、バーナード氏は木星の五つ目の月を発見する。

f0328897_08142390.jpg

リルケは子供の頃、家族と時々リック天文台に来ていたという。「どうしても雪が見たかったから」だそうだ。

ナンデモアリフォルニアの冬は毎年暖かくて滅多に雪を見ないが、天文台の裏に回ってみると、

f0328897_08143473.jpg

誰かが作った雪だるまが、土交じりの少し不満気な表情を浮かべ、研究所の裏口を見張っていた。ニンジンを使っていて、けっこう本格的だ。

作ったのは、遊びに来た子供、それとも、眠れなくなってしまった学者だろうか。

f0328897_08210508.jpg

夕暮れ。そろそろ星空の学者たちの一日が、スタートする。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by majani | 2017-01-30 09:07 | 旅に待ったなし | Trackback | Comments(2)

ふらりと、塩辛い場所

最近、塩辛い場所に凝っている。

f0328897_08463749.jpg

私が住んでいるざ・ふぁーむ周辺は、湿地がそこらじゅうに広がっていて、身近で面白い生態系を観察することができる。殊に塩沼(ソルトマーシュ)のような汽水域は、豆粒のようなハチドリから、軍艦のように進行するペリカンまで、様々な鳥を呼び寄せる。

f0328897_09534368.jpg

サンフランシスコ、ベイエリアの海岸と塩沼地帯をなぞるベイ・トレール(Bay Trail)を毎週末、少しずつ歩くようにしている。手術を受けてからフニャフニャになってしまった筋肉のリハビリを兼ねて、研究のアイディアを生み出すのにちょうど良い気分転換になっている。ベイ・トレールの緩やかな道は、バナナスラッグが住む森とは勝手が違う。

f0328897_09533177.jpg

Baylands Nature Preserve ではイソシギやカモメ、真っ赤な長い足でひょこひょこ歩くクロエリセイタカシギ、アオサギ、ツバメ、トゲオヒメドリなどが見られる。Harriet Mundy Marsh の方角へ歩いてゆくと、セイリングステーションの看板があり、小さな女の子とお父さんが二人乗りのカヤックを水に下ろしている。

ここで、愛鳥家の間で peeps という愛称で知られる、小ぶりなアメリカヒバリシギ(least sandpiper)の群れが忙しく何かを食べている。日本語のウィキペディアのページによると、「〈クリィーッ〉、〈プリーッ〉などと鳴く」そうだ。だから日本語は楽しいですね。

もっとも、私たちが見たのはプリーッのプの字も出さず、黙々と食事を続ける。

f0328897_09540186.jpg

小さな池を通りかかると、尾と翼の先が尖っている鳥を発見。滑らかな白い体に、黒い帽子を被った頭、朱色のくちばし。アジサシという海鳥の一種で、側をヨタヨタ歩いているカモメに比べると、スマートな容姿だ。空中で一定の場所に留まり、頭を下の水面に掲げている。急にピシャッと水に落下したかと思うと、銀色の小魚をくわえて再び空へ。これを一定のリズムで繰り返している。

一方、同じ池で餌を探している大柄なシロサギ。こいつは浅い水の中をゆっくりと歩きながら魚を捕まえなければならない。魚に忍び寄る策略なのか、エネルギーを節約しながら狩りをするタイプだ。しかし空中ダイビングが得意な格好良いアジサシに次々と魚を横取りされて、分が悪い。

f0328897_09581065.jpg

ハーフムーンベイの近くのペスカデーロ・ビーチも塩辛い場所。地帯の移り変わりとその様々な表情が一度に楽しめる、海岸、塩沼、森がごちゃ混ぜになったハイキングトレールがお勧め。

去年の暮れに訪れた時は、これでもかこれでもかという程、沢山の鹿に遭遇。しかし何頭見ても感激は薄れないもの。

f0328897_08451163.jpg

腕を伸ばせば触れるくらいの近さまで来た二頭の鹿は、アイスプラントの中から美味しそうな柔らかい葉を見つけては、それを器用にちぎって食べている。

f0328897_08540925.jpg

ところで、アイスプラント(学名 Carpobrotus edulis )とは南アフリカのハマミズナの一種である。帰化植物としてカリフォルニアの浜辺でよく見かける。地帯が砂っぽかったり岩っぽかったりしても、アイスプラントはその葉と茎をせっせとめぐらせ、黄色やマジェンタ色の大胆な花を咲かせる。

みずみずしい葉は食べられるそうだが、小心者の私は試したことがない。こんな場所に生えていたら、塩辛くなっていそう。

f0328897_09544651.jpg

見た目がピクルスに似ていることから美味しそうな名前の pickleweed を始め、塩辛い場所に適応した不思議な植物の数々。

いずれも生態系のデリケートなバランスを保つ重要な役割を持っているわけであるが、ナンデモアリフォルニアにおける観測史上最悪の干ばつの影響は実に深刻なもので、塩辛い場所の特殊なエコシステムも脅かされている。(カーボンオフセットとか持続可能農業とかにはすこぶる熱心なナンデモアリフォルニア人なのに、節水に関してはけっこう無関心だったりするので解らないものだ。)

f0328897_10270496.jpg

一見雪景色のような、真っ白な塩沼の塩を背景にジョギングをする人。

f0328897_09142276.jpg

ハーフムーンベイのルーザベルトビーチからエルマービーチまで散歩。

ハーフムーンベイというと、何となく霧が立ち込めている海がイメージとしてあるけれど、この午後は優しい光に恵まれ、海辺に並ぶ家の面白い建築などもじっくり見る余裕があった。

f0328897_09204488.jpg

最近、学会で知り合った方とベイエリアの魅力について論じていた。彼女は10年にわたる海外滞在を経て、この夏ようやく地元のサンフランシスコに戻ってくると話していた。ずっと離れていて、一番恋しいと感じたことは?と尋ねてみると、彼女は少し考えて、

「自然…と一言で言うのは簡単だけれど、それだけではないのよね。」

彼女はニューヨークに住んでいたこともあったが、ニューヨーク(州)にだって大自然がある。ただ、街を出て、建物が消え始め、森が出てくるまでに何時間もかかるのだ。木を一本触ったらまたすぐ引き返さなければならない。一日がかりの上、事前に計画しておかないといけない。一方、ベイエリアの良いところは、ゆっくりソーマでランチをしてから、ちょっとビーチで散歩したいなと思いついたならば、ふらりと海に出られるところだ。

この「ふらりと」が重要だと思う。何時間もコードとにらめっこをしているけど全く進歩がないぞ、海に論文を持って行って読書しよう、誰もいないビーチを見つけてみよう、ここら辺のソルトマーシュを散歩しよう、と人を誘って出かけることが多い。ナンデモアリフォルニア人は恵まれていますね。

今は当たり前のようなことだけれど、いつかは私もここを離れて、ふらりと塩辛い場所に行くことができなくなってしまうのである。なので、いつも言っていることですが、旅に待ったなし。

どんどん、ふらりと出かけたい。


Or me.

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by majani | 2015-05-31 11:03 | 動物王国 | Trackback | Comments(0)

海辺のデイジー

山の次は、海へ。
f0328897_15532449.jpg
前回はミューアウッズについて書いた。風景をがらりと変えて、サンフランシスコ経由で南下し、海岸沿いの高速を走り出す。

でもその前にゴールデンゲートブリッジを北側から眺める…眺めたいところだが、この日は曇り気味で霧が途切れた瞬間に赤が垣間見える程度である。残念だ、残念だとヘブンフィールドさんは嘆いているが、私はこのくらい霧が出ているほうがサンフランシスコらしくてむしろ良いのではないかと思う。

f0328897_15534208.jpg
やっとチラッと見えたゴールデンゲートブリッジ。しかし水の青さにびっくりした。

海岸沿いのルートは自称海男のヘブンフィールドさんの独壇場である。私は車がどこを走っているのか解らないまま、移り変わりする景色に対し「わあー」とか「へえー」とか「綺麗だー」と唸っているだけである(語彙が少ない)。どうやら、西海岸沿いにずっと続く State Route 1 という州道を走っているらしい。北上するとシアトルまで繋がっていると説明される。

午後の光で煌く海岸が見えた思うと、ひょいっと内陸に道が曲がり、風に吹かれて拉げてしまった個性的な松の古木の林を突き抜けてゆく。林を出てまた海岸が見えてくると、ハンググライダーやパラグライダーを楽しむナンデモアリフォルニア人が色鮮やかなグライダーで海の上を飛んでいる。

しかし二、三度目に林を出てくると華やかなハンググライダーたちは消えており、なんだかスコットランドのような景色になっている。スコットランドには行ったことが一度もないけれど、曇ってきたせいか、ここはまさしくスコットランド(勝手に想像)あるいはデンマーク北部の田舎(適当)の低木地。ゴツゴツしている丘陵地にぽつぽつと黄色や鄙びた桃色の花が咲いていて、不思議と感慨深い風景だ。よく見ると色々な面白い草花と灌木が、岩が多い浜辺や風の強い海食崖の上で繁茂している。

f0328897_16054752.jpg
ハーフムーンベイの少し南にあるペスカデーロ・ビーチ(Pescadero State Beach)で車を降りる。

近くではシーサイド・デイジー(ビーチ・アスターとも呼ぶ)が紫がかった薄ピンク色の花を咲かせている。文字通り海辺のデイジー(seaside daisy)である。なんだか曲名にありそうな感じ。

他に、まるでバターを溶かしたような色の花も。通称シーサイド・ウリー・サンフラワー(seaside woolly sunflower)といい、いくつもの花が中心に凝集しており、茎の上に黄金色のマリが乗っているようにも見える。この名前がまた可愛い。海辺に咲くウーリーなひまわりということだ。

余談。困ったことに、ウーリーを日本語に訳してしまうとあまり可愛くない。毛糸みたいな、毛に覆われた、羊毛のような。例えば、マンモスのことは英語でウーリーマンモスと呼び、ウーリーが加わると可愛い感じがするけれど、毛に覆われたマンモスになってしまうと一気に可愛さ減少。

f0328897_16072578.jpg
引き潮の時は向こうの小さな島みたいなのに歩いて渡れる。この写真では大変分かりづらいが、一番右端に小さく写っている白っぽく見える花がシーサイド・デイジー。

ところで、ぺスカデーロはスペイン語で「釣りをする場所」という意味だが、釣り人は一人もいない。というか誰もいない。カモメや鵜やブラック・オイスターキャッチャー(Black oystercatcher, クロミヤコドリ)がいるだけである。

砂浜に降り、岸壁沿いをしばらく歩いたところで乾いた流木の上に腰を下ろす。やたらにカモメが歩き回っている。砂にあがってきた小さな蟹を食べているようだ。白い砂に蟹の甲羅の破片が散らばっている。一羽だけ考え事に耽っている寂しげなカモメがいて、私たちの座っている流木の側を離れない。カモメでも悩むことがあるのだろうか。

f0328897_16114308.jpg
車に戻るとき、綺麗な飴色のレンゲソウが元気に咲いているのを見つける。これは通称 Chilean bird’s foot trefoil とか Chilean lotus とかいうらしい。鳥の足のように(?)三つに分かれた花びらがあるから bird’s foot trefoil なのかなあと考え込んでいたら、レンゲソウの下から兎が二匹ひょっこり出てきた。

海辺のウサギは初めてだ。息を潜めて見守る。一匹は地面に生えてる草をむしゃむしゃ食べているのに、もう一匹はこのレンゲソウの花が食べたいらしく、茂みの少し高いところに咲いているものを採ろうと後ろ足で立ち上がり、よじ登ろうとしている。やっと花に届き、その部分だけ器用にむしりとり食べ始めた。花しか食べない食通ウサギだ。ざ・ふぁーむにも兎がいるが、ノウサギの種類で妙に筋肉質な長い足がある。海辺のウサギはビートリックス・ポッターのお話に出てきそうな丸々としたアナウサギである。こういう時に限ってカメラもスマホも持っていない。

ぺスカデーロから西にまっすぐ進むとざ・ふぁーむにすぐ戻れるが、もう一つ寄り道。サンタクルーズ山地の麓のスティーブンズ・クリーク貯水池へ。クパチーノの近くにある。

ナンデモアリフォルニアは干ばつが続いており、貯水池は半分干上がっている。貯水池の底まで歩いていくと、そこにはドライフラワーのようにカラカラになった水草や、不思議で神秘的な雑草が生えている。そこに鹿が現れた。ミューアウッズで会えなかったから、ここまでやってきてくれたわけである。なんてことないよねえ。

帰りがけにサニーヴェールの居酒屋で食事。風に吹かれたあとは、お酒が一層美味しく感じられる。

Or me.

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ


今日食べたものとか。
[PR]
by majani | 2014-06-23 16:44 | 旅に待ったなし | Trackback | Comments(0)


ナンデモアリフォルニアの某大学院で研究中。海外生活、旅、散歩で出会った生き物などの記録です。たまに哲学や語学に関するエッセイもどきも。


by majani

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
言葉と物
旅に待ったなし
院生リンボー
食べる人々
動物王国
絵葉書もどき
ナンデモアリ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

Like what you see?

ランキングに参加しています。
ハリネズミと蛙をクリックしてね。




ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

ライフログ









タグ

最新の記事

ちょっと、日本へ
at 2017-07-25 03:24
びっくり
at 2017-07-03 05:58
ワインカントリー
at 2017-06-30 11:31
街中のタタンカ
at 2017-06-22 13:14
想い出のサンフランシスコ
at 2017-06-20 07:30
ゴールデンゲートパーク植物園
at 2017-06-16 07:10
ちょっと、出かけています
at 2017-06-13 15:18
夕方の散歩道
at 2017-06-06 07:24
ピナクルズ
at 2017-06-01 04:38
サンフランシスコ散歩
at 2017-05-28 06:27

最新のコメント

otenbasenior..
by majani at 04:02
kimmyさま、こんにち..
by majani at 03:59
majaniさん、初めま..
by otenbasenior at 03:59
kimmyです。なんて楽..
by enigma85 at 08:21
Dr.香菜子さま、こんに..
by majani at 04:48

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ

ブログパーツ

検索