タグ:生き物 ( 18 ) タグの人気記事

ハーバード自然史博物館

ロンドンからナンデモアリフォルニアに戻ってくる途中、ハーバード大学に寄り道をすることになりました。

f0328897_08100531.jpg
久々の東海岸・ニューイングランドらしいキャンパス。

f0328897_08273068.jpg
UCLの動物博物館に次ぎ、ハーバードの自然史博物館を訪れる。

f0328897_08291998.jpg
まずは Glass Flowers の展示室に入る。ドレスデンのガラス工芸家、レオポルド・ブラシュカとその息子ルドルフ・ブラシュカによる「ブラシュカ製ガラス模型」の世界最大のコレクションがここハーバード大学の自然史博物館にある。

f0328897_08393538.jpg
部分拡大されたベ二ハナインゲンの模型。ハチによる授粉の様子を精密にとらえている。

f0328897_08394358.jpg
ブラシュカ親子の工房は19世紀後半から20世紀半ばに向けて、ヨーロッパとアメリカの博物館や教育機関のためにガラス製の生物模型を作っていた。例として、前回紹介した University College London のグラント博物館が保有するクラゲやウミウシの模型もブラシュカガラスだ。

f0328897_08395296.jpg
このカシュ―は年中、実が生っている。

f0328897_08400096.jpg
次の「進化の部屋」に進むと、おどけた顔のこんな子が。

f0328897_09224210.jpg
虫の世界の食生ピラミッド。ベジタリアンの方が基本的に派手?

f0328897_09232495.jpg
古脊椎動物学の部屋にのこのこ入っていくと、12メートルにも及ぶクロノサウルスが大きな笑顔で出迎えてくれた。クロノサウルスと二人きりの部屋は静かで居心地が良い。

f0328897_09231775.jpg
新生代の部屋にはマストドンや、

f0328897_09230889.jpg
巨大なナマケモノ(右奥)やサイとカバのあいの子のような奇妙な哺乳類の化石。真ん中の動物はアルマジロに似ているような、似ていないような・・・。

当時、南アメリカ大陸は海で囲われていたため、他の生態系と関わることなく、まさしく bizarre な、不思議な動物がどんどん進化していったのですね。

f0328897_09233102.jpg
現代の動物は地域別に標本がアレンジされている。南米・アマゾン熱帯雨林の動物が特に面白い。普通サイズのナマケモノがにっこりしている。

f0328897_09234232.jpg
哺乳類の標本は大きい分インパクトがあるが、鳥にも是非注目したい。威厳のあるタカにちっぽけなハチドリ、エメラルド色のフウキンチョウから一見地味なシジュウカラまで、多様な鳥の標本が保有されている。

f0328897_09241047.jpg
ダーウィンはガラパゴス諸島に生息するフィンチの多様性に進化論のヒントを得たとか、所々に丁寧な説明がある。

よくできているなあ、教育的だなあと感心していたところ、大泣きをしている子供がこちらにかけてきた。死んでいる動物ばかりで怖くなってしまったようだ。無理もない・・・。

f0328897_09240137.jpg
大型の哺乳類が集まる部屋。いよいよ博物館のフィナーレです。

f0328897_09242169.jpg
吹き抜けになっている二階に上がると、クジラの骨を間近で見ることができる。

f0328897_09243737.jpg
二階の壁に展示されているのは主に鳥の標本。

f0328897_09242923.jpg
私が特に気に入ったのは、杏子色のへんてこりんなアンデスイワドリ。

f0328897_09244536.jpg
シンガポール以来会っていないオオサイチョウと再会する。

そして・・・

f0328897_09235226.jpg
・・・ラマがいました!



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by majani | 2016-12-23 09:18 | 動物王国 | Trackback | Comments(0)

奇妙なロンドン

最後に、ロンドンの奇妙な博物館を二件紹介する。

f0328897_09215693.jpg
ベンサムのオート・イコンを拝み損ねた後、University College London の Grant Museum of Zoology に向かった。

f0328897_09214609.jpg
恐竜の化石、クアッガやドードーなど最近絶滅した動物の骨、普段見られない深海魚やウミウシのホルマリン漬け動物標本などで溢れかえる動物学の博物館だ。ちょっと変わっている生き物が大好きな私にはたまりません。

f0328897_09213792.jpg
博物館で「人気がある」展示物に、瓶にぎゅうぎゅう詰めにされた18匹のモグラ等があります。とにかく不思議な空間。上はモグラほど気味悪くない、始祖鳥の化石。

f0328897_09212659.jpg
後ろに写っているのが、ドードーの骨(の一部)。手前はワラビーの胎児と、絶滅したとつい最近まで思われていた、オーストラリアに生息する central rock rat の標本。

動物学を専門とするUCLの大学院生が受付や説明係を任されている。こんなことやらされてなんて不憫な大学院生なんだ!とリルケは可哀想がっていたが、大学院生は自分の分野について話すのが好きだから、ぴったりな仕事だと私は思う。

f0328897_09211677.jpg
ガラス製の模型も充実している。標本や模型は、動物学・比較解体学の教育に使われる。

募金をすると動物の標本を adopt、すなわち「養子にする」ことができる。年間20ポンドで、ウミウシの親になれるのです。

f0328897_09221881.jpg
さて、UCLから少し離れたLondon School of Economics に用事があり、帰りに近くのカフェ Fleet Riverでほうれん草とチーズのキッシュとバーリーサラダをむしゃむしゃ食べる。学生の街は若いエネルギーがあって、こちらも元気が出ます。

教授とマリルボーンでワインを飲む約束をしているが、Sir John Soane’s Museum に寄り道。18世紀から19世紀にわたり、イギリス人建築家ジョン・ソーンがヨーロッパや北アフリカのあちこちで収穫してきた建築物の破片、彫刻、工芸品、絵画、骨董品などが、家中にざっくばらんな感じに飾ってある。

f0328897_09511730.jpg
古代エジプトのサルコファガスから、ウィリアム・ホガースの18世紀の連作油彩画―手あたり次第拾ってきたのではないかと思わせる多様なジャンルの美術品。

ソーンの邸宅がそのまま博物館になっているのだが、この建築がまた面白い。狭い入口を抜けていくと、ありとあらゆる所に階段や小さな廊下があり、くねくねと階段を上ったり下りたりしていると、いつの間にか隣のフラットの中にいる。メジャーな大英博物館やナショナルギャラリーとは全く雰囲気が違う、迷路のような美術館・博物館だ。

f0328897_09225029.jpg
これでロンドンともお別れ。まだこの街に住むかどうか決めていませんが、有意義な旅でした。

ロンドン「下見旅行」おわり。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by majani | 2016-12-22 08:00 | 動物王国 | Trackback | Comments(0)

ハワイに行く

この夏、ざ・ふぁーむで高校生対象の集中講座を一カ月間教えていた。

アメリカ合衆国他、9カ国から集まった優秀な高校生と共に毎朝三時間ほど過ごし、生徒たちとカフェテリアで昼食、午後はコーヒーをぐびぐび飲みながら研究、夜は翌日の講義のスライド作り、という生活をつい最近までしていた。ティーチングアシスタントの経験を積んでいるにしても、連日、新しい講義や課題を考えるのは相当大変な作業で、毎晩失神するようにベッドに倒れ込んでいた。

そんな中、私は48時間だけハワイに逃げた。

f0328897_16551529.jpg

マウイ島の空港に降り立つと、暖かい風がびゅうびゅう吹いていて、スーツケースを持って行かれそうになる。Uber の車の中、同い年くらいの女性運転手に「スコールが来るの?」と尋ねると、彼女は笑顔で、「マウイはよく雨だとか曇りだとか天気予報で言っているけど、雨は絶対に降らないの」と言う。平坦な草むらの上に広がる空を車窓から確認とすると雲は今のところ少ない。一日持ちこたえるどころか、その後かんかん照りになった。

「マウイは初めて?」と運転手さん。

実はハワイ自体が初めてです。翌日、大学時代の親友ルポがワイレアの高級ホテルで結婚式を挙げることになっている。

すでにサンフランシスコ、ニューヨーク、フィラデルフィア、ロンドンからそれぞれ着いている友人達が待つマリオットホテルに向かう。空港から30分ほどのドライブの間、優しい運転手さんはうんうん唸りながら私が二日間ぽっちでどこを観光できるか真剣に考えくれた。沢山のアドバイスをありがとうと最後にお礼を言うと、彼女は「ちょっと待って」と車のトランクからガサガサと木箱を取り出した。開けると蘭の造花のヘアクリップが沢山入っている。好きな色を選んでと促され、紫のを手に取ると、「ボーイフレンドいるの?」と急に訊く運転手。シングルの女性は頭の右側に花を差し、既婚者やパートナーがいる場合は左だとか。何が始まるのかとドキドキしてしまいましたが、何も始まりませんでした。

f0328897_17004249.jpg

耳の上に蘭を差し、マリオットホテルの開放的なロビーから海をぼーっと5分ほど眺めていると、サンダルのぱたぱたという音がして、水着姿の友人達が迎えに来てくれた。

f0328897_17003321.jpg

ホテルの部屋のバルコニーから見える青々とした風景は、カラカラに乾いている北ナンデモアリフォルニアとは大違い。ヤシの木まで感じが違う。ここに一カ月ほど住みたい、とも思う。

f0328897_07513225.jpg

さて、ニューヨーク時代の友達は皆、酒好き。スポーティーな人間でもないので、誰もハイキングに行こうとか疲れることを提案しない。初日は気楽にリハーサルディナーを楽しんで終わる。

それがプールサイドでカクテルを啜っているのに少々飽きてしまったのか、誰かがシュノーケルしないかと言い出す。結婚式当日に4時間もかかるシュノーケル遠征は無茶だったと気が付くのは、もっと先のこと。翌朝、 Maalaea の港を出発。

f0328897_17034579.jpg

小さな船の上は揺れが激しい。水しぶきが容赦ないので写真はあまり撮れなかったが、Turtle Town というワイレア側のエリアと、もう少し沖に出た場所にある Molokini Craterという三日月型の島の二か所でシュノーケルをした。ボートに乗っているのは私たち7人を含め20人程度で、船酔いをする人もいたが、全般的に落ち着いた雰囲気。

f0328897_06300475.jpg

タートルタウンで、名前の約束通り、ウミガメを何匹か発見。側でパドルボードをしている人間に興味を持ったらしく、ウミガメは近くまでやってきて頭をポコンと水面から出したりする。その大きさにはびっくり。宇宙船のようにサンゴ礁を静かに巡回しているのは実に神秘的な光景だった。少し距離を置いて一番大きいのを追ってみたが(ウミガメにちょっかいを出すのは違法)、彼はしばらくすると「では、私はこれで」と会釈するように顔だけちらりと向けて、潜っていった。

ウミガメの他に、ハワイ語で Humuhumunukunukuapua’a という、もの凄く長い!名前のモンガラカワハギ科(triggerfish)の一種、ムラサメモンガラに出会う。英語ではピカソ・フィッシュとも呼ばれているほど、なんだか素っ頓狂なお顔をしている。

f0328897_06263615.jpg
うんうん確かにピカソの絵画にこんな顔の人いるよね。Bien, Julius. 1903. "Humuhumu Nukunuku Apua'a."

ガイドのお姉さんが時々口ずさむ魚のハワイ語の名前を聞いていて、humuhumu は 一般的にtriggerfish (モンガラカワハギ科)のことをいい、その後に付く名前から具体的な種類に分かれるのかなと、漠然と理解し始めた。例えば、Humuhumu’ele’ele は英語だと black triggerfish で、窄めた口の形は先ほどのムラサメモンガラに似ているが、身体が黒くて模様が全く違う。

水深150フィートまで全てがくっきり見られるモロキニ・クレーター周辺でフムフムエレエレをよく見かける。彼らは黒い群れでつま先までやってきて、泳ぎ去ろうとしてもふてぶてしく後を追ってくる。少し不気味な海のギャングだ。ここは風が強く波がかなり荒い。30分ほどエレエレに追われながら楽しんでいたが、これ以上風が強まったら波に飲み込まれて島の裏側に出てしまうのではないかと急に不安になり、早めに船にあがってホットドッグを食べることにした。

f0328897_06295636.jpg

シュノーケルを終えて港まで戻ってくると、山火事が発生。

灰が舞う中、顔をジャケットで覆い近くの土産品店に駆け込み、迎えの車を待つことにする。二時間後には結婚式が始まる。



Or me.

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by majani | 2016-08-01 08:48 | 旅に待ったなし | Trackback | Comments(0)

バサフィッシュにうってつけの日

ナンデモアリフォルニアの魚は高い。

「こんなに高いのはおかしい、新しいスーパーを開拓してみよう」と、フィアンセ氏と Yelp で好評の小さなマーケットに行ってみた。今日はそこで起きたとんでもない勘違いの話。

コリアンダーが一束75セント、元気そうなイタリアンパセリが二束で99セント。玉ねぎもジャガイモもニンジンもぷりぷりのローマトマトも、さらにスパイスまでが、普段使っているトレーダージョーズ、セーフウェイ、ホールフーズよりも断然に安い。ヒカマやトマティーヨや、何種類ものチリを売っているので、ヒスパニック向けのスーパーなのだろうか。チーズや肉の商品名が全てスペイン語表記だ。

困ったことに、何が何だかよく分からない。

チキンは分かったけれど、このゴテゴテした物は一体チキンのどの部分・・・?ビーフに関しても普段使い慣れているカットが全く見当たらない。うーんうーんとガラス越しの肉をにらんでいると、ニコニコした店員が奥から出てきてスペイン語で話しかけてくる。謎のお肉で冒険するのはおっかないので(一つひとつ説明してもらうのも面倒くさい)、「ケントウチュウデス」と返答してさささと移動する。

魚はありがたく英語表記だが、三種類しかない。ティラピアとキャットフィッシュとバサ、とある。

ティラピアはとても安い白身魚で、スパイスなどで積極的に助けてやらないと味があまり良くない。キャットフィッシュはナマズのことである。長時間オーブンで焼くかしっかり揚げないと生臭いのがしつこく残るので、私は苦手だ。あとナマズだけさばかれていない。髭がぴよ~んと出ていて、少しグロテスクな点で却下。

「Basa だって。バサって何だろう」

「Bass のスペルミス?スズキかな」

「でも川にもバスっているよ」

ちょうど二日前に観ていたイギリスの昔の料理番組で、アメリカのブラックバスが湖や川に帰化してしまって生態系を荒らしているという話があった(確か日本でも問題)。

「じゃあ野生のバスを食べると環境にいいのかなあ」

ごにょごにょ二人で喋っていると、先ほどの店員がまたこちらに来て、早く注文してくれという顔をしている。

「待ってるよ。どうするどうする」

「よし、じゃあバスにしよう。一番安いし、美味しそうだ」

「バスを、二切れ下さい」

店員はニコニコしている。

「バサね」

ん?今、直されたような気がしたが。どっしりと重い魚を2ポンド3ドルで受け取り、野菜なども買って6ドルちょっと。こんなに安くていいものなのか。

帰りの車でふと気になった。

「あの人、バスじゃなくてバサって言ってたような気がする」

「でもバサなんて聞いたことないよ」

「うん、そうだけど…」

家に帰って「バサフィッシュ」をインターネットで検索してみた。最初に出てくるのは、「バサフィッシュは絶対に食べるな」とか「バサは危険」とかそういうページばかりである。

「ぎゃー、やっぱりバサって違う魚なんだ!」

f0328897_09342436.png
こちらが正解。学名は Pangasius bocourti 。参考文献:Roberts, T. R. and C. Vidthayanon (1991).


よく考えてみれば(よく考えなくても)バスを誤ってバサと書く店があるわけがない。バスがティラピアより安い時点で疑うべきだった。素直にお肉を買っていたほうが、冒険しなくて済んだかも。

しかもバサフィッシュは私が苦手なナマズの種類である。

メコン川に生息する淡水魚で、アメリカに輸入される養殖魚は、米国政府に許可されていない強い抗生物質をばんばん与えている可能性があるので要注意、とある。米国ナマズのロビーにより(色々なロビーがあるんだなあ)、ベトナム産の Pagasius bocourti は国産の「真の」キャットフィッシュとして扱われない。法的にバサフィッシュ等と表記しなければならないようだ。実際、私たちが行った店では生産地のセの字も表記されていなかったが、「バサ」として売られていたためベトナム産だと思われる。

人を怖がらせるために大袈裟に書いているウェブページが多いが(それこそナマズロビーの暗躍をにおわせる)、中には食べても安全と説明しているサイトも。本当のところはどうなんでしょう。

捨ててしまうのもバサフィッシュが可哀想なので、仕方なく調理にかかる。レモン汁で洗い、塩コショウ、コリアンダー、タラゴン、チリ、カイエンペッパー、パプリカ、ナツメグ・・・ありとあらゆるスパイスを丹念に塗りこみ一度焼く。身がほろほろしているのかと思ったら、意外としっかりしていて崩れない。ニンニクで炒めた玉ねぎとリークを放り込み、熟したトマト、はちみつ、ベイリーフ、タイム、ストックと大量の酒でひたすら煮る。

真っ赤な鍋の中を覗きこみながら、サリンジャーの短編小説、『バナナフィッシュにうってつけの日』を思い出した。主人公のシーモア・グラースが、海辺で出会った小さな女の子シビルにバナナフィッシュの話をする。バナナフィッシュは海の中の洞穴に大好物のバナナを沢山見つけるが、バナナを食べているうちに大きくなりすぎて洞穴から出られなくなってしまい、そこで死んでしまうのだ。

鍋の中でぐつぐつしているバサフィッシュ。薬を食べていたら大きくなりすぎてしまって、収獲されたのかな。

バターライスと一緒によそってみた。

できあがった甘辛フィッシュシチューは魚の味が区別できないものになっていた。適当に作ったわりにはとても美味しいが、メコン川の底で育った薬漬けの魚を食べていると思うと何となく嫌な気分である。

「やっぱり魚が高いのは、理由があるんだよ」

明日からはホールフーズで一番高級な魚を買うことにする。


Or me.

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by majani | 2015-09-28 08:57 | 食べる人々 | Trackback | Comments(0)

エルクの愛の仕草

エルクの愛のしぐさを学ぶために、ポイント・レイズに出かけた。

f0328897_14391042.jpg

サンフランシスコのさらに北にあるポイント・レイズは、牡蠣がその場で食べられるオイスター・ファームや、新鮮な乳製品が手に入る広大なフリーレンジの牧場などで知られている。しかし小さな半島の一角には、和香に草を食べて過ごす牛以外に大きな動物がいる。ナンデモアリフォルニアにしか生息しない大型の鹿、トゥール・エルク(tule elk)だ。

エルクがどうしても見てみたくて夢にまで出てくるようになったと言うヘブンフィールドさんとポイント・レイズ・ナショナル・シーショア国立公園を訪れた。

f0328897_08554330.jpg

Point Reyes National Seashoreでは年中エルクが見られるが、往復で15キロ程あるハイキングトレールは海岸沿いの冷たい風にさらされる部分もあるので、暖かい時期が一番快適。

もっとも、8月上旬から9月いっぱいはエルクの愛の季節。繁殖期を迎えたエルクの奇怪な求愛行動や、「ラッティング」(rutting)と呼ばれるオス同士の戦いが間近で見られる時期である。


f0328897_08261784.jpg

ラットが見られるかワクワクしながら、ハイキングトレールの入口にある古い牧場を目印に車を停める。

靴を履き替えていると、いきなりエルクのグループが丘の上に現れた。こんなにすんなり見つかってしまっていいものなのか。少し遠い場所にいるので、とりあえずトレールにのってハイキング開始。

f0328897_08575250.jpg

レッドウッドのハイキングトレールとは全く違う雰囲気。遠くに見える岬は霧がたちこめていてハッキリとしない。

木陰がないトレールだから帽子と日焼け止めは必需品。けっきょく両方とも忘れてきて、一番暑い正午にのこのこ歩き出した。この日は曇りがちで荒涼とした風景に感じられたが、かんかん照りの中15キロも歩いていたら辛かったと思う。

f0328897_10015702.jpg
エルクのお尻は白い。

トゥール・エルクは様々な危機を乗り越えてきた野生動物である。昔はナンデモアリフォルニアで幅広く見られたが、州の開拓と共に乱獲により19世紀後半になると絶滅の危機に追い込まれてしまった。70年代の保護運動に伴い、マリンカウンティのポイント・レイズ・ナショナル・シーショア国立公園を含む数か所にエルクの保護地区が設けられ、現在は健全な数に戻りつつある。(最近の干ばつによる影響が懸念されているが。)

・・・それにしても、絶滅しかけたとは信じ難い勢いでポコポコと現れるエルク。

エルクは群れで行動する。上のように、一頭の強いオスが沢山のメスを連れて、つまりハーレム状態のグループを率いる。弱いオスはオス同士のグループでいるが、チャンスを見計らってハーレムを奪いに行くことがある。立派な角をぶつけ合い勇敢に戦うも、挑戦者に敗れたオスはハーレムを譲る。悔し涙を流したり、可愛いメスを侍らしていた古き良き時代を思い返したりするのだろうか。エルク社会は厳しい。

f0328897_08541904.jpg

たまに、もどかしいお年頃のオスを目にする。ハーレムを離れるには若すぎるが、お母さんにずっとくっついてるのも格好悪い。角が生え始める頃だけど、ちょっと変に生えちゃったりする。人間でいうと、ニキビが出だして自意識過剰になっている中学生か。

f0328897_08371736.jpg

一方、こちらは池の近くにいた小さめのハーレム。オスは一生懸命一頭のメスを追い回すが、全く相手にされない。逃げ回るのにウンザリしたメスはぺたんと草の中に座り込み、完全拒否体制に入る。そんな気分じゃないらしい。

それでもオスは積極的に求愛し続ける!メスが一瞬気を抜くと、すかさず彼女の尻をペロペロ舐め始める。するとメスは「やめてんか!」という顔をして嫌がる。やめたふりをして、またペロペロする。

「あの舌・・・なんだか気持ち悪いですね」

と見ているこちらもオスに嫌気がさす始末。時折、「えへえへ」と鳴くオス。

f0328897_08330279.jpg
ぺろぺろ。やめれ。

面白いのでしばらく観察していると、オスがだんだん悲しそうな表情になってきた。エルクって意外と表情豊かなんだなあと感心していると、オスはじれったそうに、いきなり「きょえええええ!」と鳴いた。びっくりするほどのボリュームで、こだましている。

好きな子に拒まれた悲しみの「きょえええええ」だと思っていたが、後に他のエルクのグループを観察していると、どうも他所のオスが近づいてくると出す鳴き声のようだ。ホルンの音色の様でよく響く。それはラットする前段階の雄叫びで、次に両者はどんなもんだーいと角を見せ合い、無駄な怪我を負わないようにお互いの強さを見極めている様子である。

何回かこういう場面に出くわしたが(死角から急に車サイズのオスが飛び出してくるとかなりコワイ)、いずれにしても挑戦者が「ヤベ、あいつ思ったより強いんじゃね?」と引き下がっていき、格闘に至らず。ハーレム奪回の決定的な瞬間は見られなかったが、まあ平和が保たれてよし。

可笑しいのが、オスが吠えたりケンカを売ったりしている大騒ぎの中、ハーレムのメスたちは見守るわけでもなく、完全に無視してあちらで黙々と草を食べ続ける。自分たちの将来が一瞬にして変わるかもしれないのに、この平常心(?)は凄い。気が付いたらハーレムのリーダーが変わっていた、なんてこともあるのかな。

f0328897_10014408.jpg

半島の先まで来ると、土が砂に代わり、二時間サスペンスらしい崖っぽい場所に出る。エルクの姿は消え、今度はピンと背筋を伸ばした沢山の鵜(ウ)が岩に座っている。ここがトレールの終り、折り返し地点だ。見晴らしの良い場所を選び、好奇心旺盛なカモメに見張られながらおやつを食べて脚を休ませる。

f0328897_14193308.jpg

帰りは人間にほとんど会わない。野生の七面鳥やウズラがまだ餌を探していて、小さなねずみやジリスも草むらの中を駆け回っている。動物の気配がずっとするトレールだ。

エルクも夕方が食事時なのか幾分か活発になっている様子で、道を通せんぼしていたりする。近くにいるとぷんと野生の動物の匂いがし、そろそろ避けながら歩き進むとエルクは大きな白い尻を振って急な谷間を駆け下りていく。

f0328897_08453016.jpg

道を通せんぼしていたメス二頭のうちの片方。私たちが側を歩いていても萎縮することなく、美味しいものを探し続ける。

f0328897_08454010.jpg

あ、目が合っちゃった。モグモグしながらじっと見つめられると、何だか落ち着きません。

f0328897_14241107.jpg

夕方、車を停めた場所に戻ってくると、道の真ん中に怪しい物影が。

「マウンテンライオン?!」とヘブンフィールドさんが喜んだが(危ないのにずっと見たがっている)身体が一回り以上は小さい。顔がお面のように険しく、ずんぐりした大型のネコだ。一瞬のことだったが、ボブキャットではないかと私は思った。ヘブンフィールドさんが駆け寄っていくと(危ない)ボブキャットらしき獣はギクリとして、そそくさと道を渡って逃げて行った。



Or me.

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by majani | 2015-09-11 14:58 | 動物王国 | Trackback | Comments(0)

再びあの森へ

それは普通の水曜日。一年近く経ち、リベンジの時がやってきた。

バナナスラッグが住む森にまた挑むのである。

f0328897_10360575.jpg

去年の秋、ヘブンフィールドさんに連れられて行った時は、思いのほか高度の変化が激しく、運動不足で喫煙者でもあった私は死に絶えるのではないかと思った。最初は可愛らしかったバナナスラッグも凄まじい数で現れ、この世の終り感を演出。ここで倒れたら巨大ナメクジに食われるのだとめっきり弱気になったところ、ハイクが終了したのであった。今年は、殊に手術以降は、健康維持に(珍しく)気を使っているし、禁煙も(まあまあ)続いているし、運動も(人に言われて)いそいそとやってきた。それにキャメルバック(ラクダのコブ)というブランド品の優れた水筒まで備えている(ヘブンフィールドさんの)!

f0328897_10230799.jpg

プリシマ・クリークの森に到着。

バナナスラッグの居住地、Purisima Creek Redwoods Open Space Preserve は山の方からレッドウッドの森に入る方法とハーフムーンベイの海側から入る二つがある。前回は Skyline Boulevard からずっとプリシマの小川まで下る方法で痛い目を見たため、今回はビーチ側から潜入。元気なうちに山を登り、トレールを一周ループして最後にまた下ってくる作戦である。Higgins Canyon Road が Purisima Creek Road にあたる西側の入口に車を停め、森の中へ。

f0328897_10214957.jpg

まだ暑すぎるのか、バナナスラッグは二匹しか見なかった。それも細々としていて、去年見たものと比較すると色も何となく薄い。

バナナスラッグは夏の間は木の葉にくるまったり倒れ木の穴に入り込んだりして、身体が乾燥してしまわないようにしている。ナンデモアリフォルニアが実際に秋めいてくるのは10月半ばから11月にかけてで、それもあっという間に過ぎてしまう短い秋である。バナナスラッグ日和になるのはまだ少し先だ。

f0328897_10225443.jpg

干ばつで山火事が頻繁なナンデモアリフォルニアだが、小川が流れる森はしっとりと湿気がある。

f0328897_10220589.jpg

道端で作り物のようにテカテカしたイモリの一種に遭遇。カリフォルニアイモリの仲間?濡れた身体は光沢感があり、そっと近づいて見ると模様が何となく毒々しい。

「全然逃げようとしませんね」

たしかに、私たちはいつも動物に逃げられてばかりいるが、イモリは澄ました顔にカメラをぐっと近づけてもピクリともしない。死んでいるのではないかとヘブンフィールドさんと話していると、後ろから短パンのおじいさんがガシガシやってきて、

「やあ、何を二人で騒いでいるのかと思ったら、ただのイモリか!」

おじいさんは妙に軽装で、脚と腕の干し柿のような素肌が丸出しである。近所の人だろうか。呆れている様子なので、こちらもつい、「はあ、見るのが初めてなので」と恥ずかしそうにしたら、

「私はもう何百匹ものイモリを見てきたが、これほど大きいのは珍しい」と言う。

本当かどうか知らないが(何百匹はすごい)ちょっぴりラッキーな気分にしてくれたおじいさんは、手を振ってさっさと先に行ってしまった。その後も何度も立ち止まったので追いつくことはなかったが、イモリごときで大騒ぎをする変なアジア人観光者だと思われたことだろう。

f0328897_10231951.jpg

しばらくすると森が開けて、レッドウッド以外の木々やハックルベリーの茂みが目立ちだす。ツタウルシに触れないよう気を付けながら進む。

f0328897_10233125.jpg

海も遠くにチラホラ見え、単調にならないのが良い。しかしイモリのおじいさん以外、誰にも会わない。

f0328897_10371521.jpg

去年はここまで来て引き返したのを覚えているが、今回は12キロ程度のトレールを歩き切った。

f0328897_10234306.jpg

帰りにハーフムーンベイの町に寄り道。以前から目を付けていたグリルチーズサンドのフードトラックに寄るが、残念ながら水曜日はお休みだ。ベーカリーでクッキーを買い、海が眺められるベンチでおやつを食べる。

f0328897_10235911.jpg

夕方、ビーチの近くでヤギが草刈りに貢献している。半分だけ毛刈りをされた半裸の羊も混じっていて、私たちが歩いて通ると濡れた眼でじっとこちらを見つめていた。

ハイク、無事終了。リベンジが果たせたことにしておこう。



Or me.

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by majani | 2015-09-09 11:53 | 動物王国 | Trackback | Comments(0)

紅茶とワラビー

シンガポール旅行記の続き。20年ぶりに、世界的に知られるシンガポールの動物園へ。

f0328897_15004756.jpg

シンガポール動物園の長所は、檻や柵を使わず、動物を堀で囲むなどして展示していること。泳げる動物はちょっと厄介で、その昔は「動物園からカバが逃げました」とかたまに聞いたけれど、最近はこんなハプニングはないのでしょうね。野生のクジャクもそこらをのこのこ歩いていたりするので楽しい。資金不足の動物園にありがちな、小さな檻の中を行ったり来たりする哀れな動物は、ここに(ほとんど)いない。

f0328897_15453037.jpg

動物園は三つある。日中の動物園、夜行性の動物の生き生きとした姿が見られるナイトサファリ、そして世界の河川に生息する生き物を中心とするリバーサファリ。リバーサファリは比較的新しいので、私がシンガポールに住んでいた頃はまだ存在しなかった。また、忘れられがちだが、北西のジュロンの方に、動物園と同じ会社が経営しているバードパークというのもある。

f0328897_15533887.jpg

学会の後なので、夜の動物園、ナイトサファリへ。親とピーターパンさんと待ち合わせ、ゆっくり中華を食べた後の出発だ。入口では、ずんどこずんどこ音楽が流れており、「これ聴いてると、なんだかワクワクしちゃいますね!」とピーターパンさん。

f0328897_13510500.jpg

ナイトサファリの戦略はこうだ。まず、園内をぐるりと一周するトラムに乗り、ガイドさんの面白くないあまりに思わず笑ってしまうジョークを聴きながら、目ぼしい動物を一気に見る。ガイドは暗闇の中で動物を見つけるのに慣れているので、石の上になんちゃらが座っているとか、木の手前になんちゃらが寝ているとか、すぐ教えてくれるのが良い。

次は徒歩でトレールを辿り、トラムから見られない動物をじっくり観察する。世界最小(だったかな?)の鹿の仲間、ディクディクが見られるフィッシングキャットトレールや、ワラビーが前をぴょこぴょこ横切るワラビートレール等。ピーターパンさんは、初めて身近で見る愛くるしいモモンガに心を奪われ(でも本当に暗闇の中ぴゃっと飛びついてきたら怖い)、私はマレーバクのふにゅふにゅした唇(鼻?)に興奮。暗い中で、ぼーっと突っ立っているサイも、何となく味わい深い。

最後にアンフィシアターで Creatures of the Night という動物ショー(これ、脚本が上手い!)を観て、都心に戻るバスに乗ればバッチリ。オーチャードロードへ戻る最終バスは11時に出てしまうが、ナイトサファリは深夜まで開いているので、タクシー乗り場でしばらく待つ覚悟をして、最後まで歩きまわっていたい。

都心に戻ってきて、 St. Regis Hotel の Astor Barブラッディメアリーの激辛シンガポール版、Bloody Padi Mary をちびちび飲みながら、翌日の研究発表の練習に取り組んだ。重要な発表の前夜にナイトサファリなんかで遊ぶんじゃなかった、なんて全く思わない。それくらい面白かったのです。

f0328897_15044139.jpg

後日、新しいリバーサファリへ。手足があるような奇妙な淡水魚を色々見た。

f0328897_14551615.jpg

例えばこの魚。ちょっとマヌケな笑顔が、チャーミング。

f0328897_15490772.jpg
ジュゴンのサラダバー。

川魚や爬虫類だけだと淡泊だと経営者が考えたのか、哺乳類もいる。レッサーパンダ(川の近くに住んでいるのか?)、ジャイアントパンダ(これも謎)、アマゾンの熱帯雨林に住む様々な種類の猿、ジュゴンなど。ピーターパンさんと、頭上の木の枝に座っているオマキザルを見上げていたら、おしっこをかけられそうになった。

f0328897_14442483.jpg
レッサーパンダも食事中。

動物園(日中の方)の裏側からキリンなどが遠目に見える遊覧船と、もう少し遊園地っぽいボートライドがある。遊園地っぽい方は、南米のアマゾン川地帯に住む生き物が、ボートの両脇で個々の「ハビタット」にいる。

f0328897_14211631.jpg

ここでもやはり檻を使っていない。絵の具で塗ったように紅いショウジョウトキ( scarlet ibis )や、ひょいひょい木を渡るホエザル( howler monkey )がどうして逃げてしまわないのか、とても不思議に思う。ジャングルの猛獣、ジャガーはさすがにガラス張りの檻に入れられていて、少し可哀想だった。

f0328897_16004514.jpg
バードパークの涼しげな滝。

まだまだ続く。オオサイチョウが見たかったので、とうとうジュロンバードパークまで行ってしまった。

オオサイチョウとは、羽を広げると1.5メートルを超える鳥で、長いまつ毛と、間違えてバナナをくちばしに乗っけてしまったような(バナナスラッグにも見える)可笑しな頭が特徴的である。自然に発生するのかよく分からないが、クジャクと同様、普通の住宅街でオオサイチョウや帰化してしまったコカトゥーを見かけることがある。

f0328897_15210309.jpg

カンムリバトを追っていった。グレーがかった紫色の美しい羽にふっくらとした個体、ルビーのような赤い目、そしてもちろん放射状に広がる見事な冠。こんなに派手なものがインドネシアの森林をとことこ歩き回っていたら実に神秘的だ。残念ながら絶滅のおそれのある鳥で、沢山はいないらしい。

僅か数日間で、セントーサ島の水族館、ナイトサファリ、リバーサファリ、更にバードパークを訪れている。(そうそう、あと学会ね。)私は大学院生という無責任な立場にあるが、会社勤めのピーターパンさんは東京から週末だけ来ていたので、随分ファイトがあると思う。

f0328897_10132980.jpg

やっとここで核心の話に移る(と言っても大した話じゃない)。

2008年だったかな、The New Yorker 誌のウェブサイトで「紅茶とワラビー」というオーディオスライドショーを観た。インターネット検索しても見つからなくなってしまったが、たしか世界中を駆け巡る報道写真家の、たまに質素でたまにヘンテコな食事を紹介するスライドショーだった。実に印象的だったのが、オーストラリアで好奇心旺盛なワラビーに囲まれながら、優雅に紅茶をティーカップから飲むフォトジャーナリストの写真である。(英国人だったのかな?)ハイソサエティーな紅茶と野生のワラビーという奇想天外な並置だからこそ、面白い。それに英語だと tea and wallaby になるから、上手く韻を踏んでいるんですね、これが。

紅茶とワラビーほどヘンテコな展開にならなかったものの、ジュロンバードパークでホロホロチョウや何となく臭いフラミンゴを見た後、タクシーに乗り込んでマリーナベイサンズの紅茶専門店 TWG に向かった。

f0328897_07053909.jpg

マリーナベイサンズとは例の船みたいなのが上に乗っているビルである。高級ブランド店が並び、カジノまである。建物の中に細い運河(?)が流れており、ラスベガスの真似をしたのか分からないが(ラスベガスはベネチアの真似をしたのか?)、シンガポール人が観光客を乗せてゴンドラをきしきし漕いでいる。リバーサファリでボートに乗ってきた私が言うのもなんですが、不自然だなあ。

f0328897_07102761.jpg

TWG の紅茶は土産物として人気。店で色々な紅茶の香りを嗅ぎ、気に入ったものを選ぶといいが、缶のデザインで決めるのもよし!店員に訊くと、こちらの方がベルガモットが強いとか、これはバニラが入っているとか、細かく教えてもらえる。隣の喫茶店は土産物として売っていないティーが何十種類も揃い、上品なスコーンや、耳がきちんと切り落としてあるティーサンドイッチなどと一緒に、「文学的な紅茶」などと面白い名前が付いているお茶が楽しめる。

f0328897_07110478.jpg

ぎゃあぎゃあ騒いでいたオウムやコンゴウインコたちの世界から、一気に文明社会に戻ってきた感じだ。私はお土産に買ったオウムのぬいぐるみを持ち歩いているのが急に恥ずかしくなり、父のリュックに無理やり詰め込んだ。

「バードパークから乗りつけた観光客はそういないと思うよ」と父。自慢しているのか呆れているのか、曖昧である。

父は人知れずオウムを背負い、嬉しそうにダージリンをすすっていた。


Or me.

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by majani | 2015-06-21 09:16 | 動物王国 | Trackback | Comments(0)

砂漠に行く

南デモアリフォルニア旅行記の続き。

f0328897_09381917.jpg

ロサンゼルスを後にし、砂漠地帯にやってきた。ジョシュアツリー国立公園だ。


f0328897_16493473.jpg

ジョシュアツリー(Joshua tree)とはこのニョキニョキした木のこと。

私にはコミカルでひょうきんな木に見えるが、モハーヴェ砂漠を横断してきた真面目なモルモン教徒の開拓者たちには、空に手を上げて祈るジョシュアのように見えたことから、「ジョシュアの木」という名前が付いたとか。(ジョシュアがどんな人物だったかは、ええと、省く。知らないので。)

f0328897_09045705.jpg

公園の入り口付近の案内所に立ち寄ると地図や冊子などがもらえ、5分で歩けるハイキングトレールがある。本チャンの砂漠に乗り込む前のウォームアップと考えても良い。運良ければ砂漠に生息するウズラや小鳥が観察できる。

昔オアシスがあった場所には立派なお髭を生やしたヤシの木が聳える。

f0328897_09062129.jpg

まるで手塚治虫の『火の鳥』に出てきそうな幻想的な植物を発見。オコティロ(Ocotillo) という。近くでよく見ると枝がトゲトゲしていてサボテンのようだが、実はこの砂漠で数少ない落葉性の植物で、葉は派手な赤に染まる。

f0328897_09083011.jpg

ふわふわした縫いぐるみの手足を想起させることからテディベアサボテンと呼ばれる teddy-bear cholla (学名 Cylindrpuntia bigelovii)。

f0328897_09071550.jpg

思わず触りたくなってしまうが、仲間の jumping cholla と同様、密に生えているトゲは皮膚や衣類に刺さりやすく、抜くのが大変困難だそうだ。可愛い顔して危険な奴だ。

f0328897_09220859.jpg

仲間のジャンピング・チョラ。

f0328897_09074808.jpg

辺り一面がテディベアサボテンの散歩道はまるで地上のサンゴ礁のようで、実にシュールな風景だ。モルモン教徒はここも通ったのだろうか。さぞかし驚いたことだろう。


f0328897_09131322.jpg

一言に砂漠といっても高度の変化によってガラリと雰囲気が変わるのでびっくりだ。急に岩っぽい地帯になったり、テディベアサボテンが大量発生していたり、ジョシュアツリーだらけだなと思っていたら、スライドを切り替えたかのようにパタリと木が消える。地形の表情の移り変わりもジョシュアツリー公園の醍醐味。

ところで、ジョシュアツリーに生息する哺乳類は少ない。伊達に砂漠じゃないからね。しかしこのような厳しい環境を悠々とマイホームにしている大型哺乳類もいる。岩から岩へとぽこぽこ飛び移るビッグホーンシープである。道路がないような場所も探してみたが、残念ながら、恥ずかしがり屋の羊に遭遇することはなかった。広い公園内に150頭余りしかいないらしく、しかも群れで移動するので、宝くじを当てるような確率だ。見つけた人は相当ラッキー。

f0328897_09124135.jpg

地質学的活動によってできた面白い岩の数々。まるで溶け始めたアイスクリームサンデーのような岩や、アーチ状の岩。

f0328897_09135645.jpg

氷に浸かっている牡蠣を思わせるごつごつした場所は Oyster Bar という名前が付いている。ハイキングトレールを外れた The Great Burrito でロッククライミングをする人も。

f0328897_09150893.jpg

あんなところにもロッククライマーが。

f0328897_09154872.jpg

誰かが質素な岩に飾り付けをしたかのだろうか。これも自然にできたもの。岩の上からほぼ垂直に盛り上がっている細いベルトのような火成岩層はダイク(dike formation)と言う。ダイクを気に入って、行く先々で探してみた。

f0328897_09161360.jpg

ロッククライミングはしなかったものの、眺めの良いハイキングトレールを沢山歩いた。ブラックキャニオンにある High-View Nature Trail では人が全く見当たらず、足の下でしゃりしゃりと砂が動く音が驚くほど大きく聞こえる。ここでマツケカス(pinyon jay)という鳥や、砂漠のキツツキ、そして小さくて可愛らしいトカゲを見つけてウキウキしていたら、今度はハチに追われてビクビクした。山あり谷あり。

f0328897_09165839.jpg

ジョシュアツリーがニョキニョキ生えている砂漠は夜になると一段と不気味になる。暗闇の中、車を走らせていると、ピュッ!と道を横切る小さな動物が。落ち着いて次に横切ったのを見ると、頭でっかちなカンガルーラットである。夜行性のカンガルーラットはお構いなしに次々とピュッ!ピュッ!と四方八方から物凄いスピードで飛び出てくる。轢かないようにヘブンフィールドさんも必死である。

ここでカンガルーラットに関するトリビア。ハムスターは元々砂漠の動物だったから水をあまり必要とせず、尿が少ないと言うけれど、砂漠のカンガルーラットはさらに凄い。体内のわずかな水分を逃がさないために、排尿の際はそれがペースト状で出てくるらしい。ペースト状!燃費が良いネズミだ。

道路の脇に車を停め、星座マップを手に外へ出てみた。辺りは墨のように黒く、いちいち車に戻って星座マップを確認しなければならない。しかし、暗闇も、カンガルーラットのペーストの香りにつられてひょっこり出てきたコヨーテに襲われたらどうしようという不安も、星空を見上げると一瞬にして忘れてしまう。白い金平糖がばらまかれたかのように、星は大きく、近く感じられる。

それにしても夜の砂漠は寒い。厚いセーターとダウンジャケットでも寒い。何枚か持ってきていたケニヤのマサイブランケットを体にぐるぐる巻きつけると、いや、やっぱりまだ寒い。砂漠でキャンピングをする人はタフだ。

f0328897_09174064.jpg

翌日もジョシュアツリーでハイキングトレールを歩いた。ミッキーマウスの頭のような形をしたサボテンやユッカの木を見たり、ぴょこぴょこ飛ぶサバクワタオウサギの後を追ったりしていると、あっという間に夕方だ。ずっとサバクワタオウサギを追っていたいが、ざ・ふぁーむに戻らないと大変なことになる。(ところで、ざ・ふぁーむのヤシの木はさっぱり型で、オアシスのヤシの木と違って立派な髭がない。)

二日も砂漠を歩き回っていたので靴はほこりと砂まみれになっているが、今回の旅も面白い動物や植物が見られて大満足だ。大都会と大自然の旅だった。

帰りの車は、しりとりをする。

南デモアリフォルニア旅行記、終わり。


Or me.

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by majani | 2015-01-29 09:56 | 旅に待ったなし | Trackback | Comments(0)

バナナスラッグ日和

パリッとした秋がやってきた。

新たなふにゅふにゅ系の生き物を求めて、ヘブンフィールドさんと再び遠足に出かけた。今回私たちが訪れたのはレッドウッドが聳えるプリシマ・クリークの州立公園である。

Purisima Creek Redwoods Open Space Preserve はスカイライン通り Skyline Boulevard )沿いにある。この辺りはレッドウッドが多く、色々なハイキングトレールがあるので、アウトドア派にはとても嬉しい北ナンデモアリフォルニアの一部だ。週末はうねうねしたスカイライン通りを上るサイクリスト達の姿が目立つ。

また、近くには Arlo Guthrie の有名な反ベトナム戦争の曲、Alice's Restaurant に因んだ同じ名前のレストランがある。涼しくなってきているが沢山の人が外のパティオで食事をしている。レストランの外には色鮮やかでピカピカのバイクが並ぶ。

f0328897_16572899.jpg

断っておくが、私は決してアウトドア派ではない。カウチポテトだということは以前立証している。しかしレッドウッドの森は好きだし、自然の中で見つける生き物にも興味がある。今回のトレールは、行きは良い良い帰りは怖いで、下り坂が延々と続くが、ある時点で自分の耐久力に見切りをつけ、引き返して同じ坂道を上ってこなければならない。もう少し下ればもっと良いものが見られそうな気がしてずんずん歩いてしまう、ちょっと危険なトレールである。

プリシマ・クリークのハイキングトレールを歩き始めて5分も経たないうちに、ふにゅふにゅ系の生き物を早速発見。4、5匹集まっている。


f0328897_17243377.jpg

熟したバナナのように見えるため「バナナスラッグ」と名付けられたこの黄色い物体は、25センチほどになる巨大なナメクジの一種である。近寄ってじっくり見ると、体がぬめぬめした粘液に覆われているのが分かる。この粘液はバナナスラッグが呼吸できるよう重要な役割を果たしているとパンフレットに載っている。体が乾いてしまわないように、枯れ葉の下に小さくくるまったりしているのもいる。

すぐバナナスラッグが見つかってラッキーだねえと喜びながら、写真を何枚も撮るが、トレールを歩いてゆくとありとあらゆる所にバナナスラッグがのさばっているではないか。この森はバナナスラッグだらけのようである。天敵はいないのだろうか。

f0328897_17460878.jpg

サルノコシカケや面白い色をした木の実にコメントをしながら森の中へ進む。時々、鳥のさえずりが響き渡る。ヘブンフィールドさんとお互いの研究について相談しあっているうちに、かなり遠くまで歩いてきてしまった。

f0328897_18140847.jpg

そろそろ引き返すことにする。

バナナスラッグはすっかり見飽きてしまって、「またバナナスラッグがいるよ」と指差すこをやめてしまった二人。しかも途中で木が倒れたりしていて、それをまたいで超えたりしているうちに私はすっかり疲れてしまった。

一方、ヘブンフィールドさんはけろっとしていて、こういうときに限って私ばかりに研究の話とかをさせるのである。

「森の中で研究のこと考えるの楽しいですよね!」

とかなんとかお気楽なことを言っているヘブンフィールドさんだが、私の頭の中はバナナスラッグだらけの森で力尽きて死んでしまうのではないかという不安で一杯で、もう研究の話どころではない。最初は喜んでいちいち立ち止まって観察していたバナナスラッグも、沢山いすぎてなんだか恐ろしくなってくる。ヒッチコックの『鳥』のナメクジ版である。

f0328897_18154774.jpg

このまま私が深い森の奥で果ててしまったらヘブンフィールドさんは私を担いで山を登ってくれるだろうか。

「私を見捨てないでくださいね、絶対ですよ!ナメクジに食べられるのは嫌です!」

と念押しすると、今さっきまでエルサルバドルの話をしていたのに一体何のこっちゃという困った顔をされた。


f0328897_17225314.jpg

ふにゅふにゅでぬめぬめのバナナスラッグたちに見守られながら、上り坂をひたすら歩くことさらに一時間、やっと車を乗り捨ててきた入り口まで戻ってこれた。ヘトヘトだけれど、森の熟したバナナに会いに、いつかまた来たい

と思えるようになるのは、少し時間が必要だ。

Or me.

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by majani | 2014-11-09 18:26 | 動物王国 | Trackback | Comments(0)

クラゲ体験

金曜日にモントレーを訪れた。ヘブンフィールドさんと久しぶりの遠出である。

f0328897_07493984.jpg

キャナリー・ロウ(Cannery Row)という通りにまず出る。昔は缶詰工場(cannery)と、工場で働く人の家が並んでいた。キャナリーで思い浮かぶのは、やはりイワシ( sardines )。ところどころにイワシの缶詰のサインが路上に打ち込まれていて面白い。

f0328897_07490491.jpg

1920年代には中国人の移民が増え、中華街が栄えたとキャナリー・ロウのどこかで読んだが、中国人たちはどこに行ってしまったのか、中華街はどうなってしまったのか、そこまで教えてくれない。今は海鮮料理のレストラン、バー、小さなカフェ、土産品店などが並び、昼間はパティオでカラマリとビールを楽しむ観光客で賑わっている。又、小説家ジョン・スタインベックが『キャナリー・ロウ』でこの通りを描写しているため、スタインベックに因んだ書店、プラザ、バーなどをよく見かける。(実際のキャナリー・ロウ通りはスタインベックの小説に因んでOcean View Avenue から Cannery Row に名前が変更されたらしい。)

f0328897_07484820.jpg

しかし私たちの目的はイワシでもカラマリでもスタインベックでもない。クラゲなのだ。

キャナリー・ロウを歩いてゆくと、モンテレーベイ水族館が見えてくる。昔から行きたかった大型水族館だ。カリフォルニア付近の沖に生息するあらゆる海洋生物が、ノアの箱舟のようにこの水族館に詰まっているのだ。10メートル近くある水槽の「昆布の森」が有名らしい。

今回の目的は、この水族館でクラゲを見ることである。隣にある海洋学研究施設で博士課程の研究をしている学校の知り合いが無料で入れるパスを貸してくれるという。(入場券は、学割だと一人付き30ドルちょっとする。)「水族館を如何に効率的に制覇できるか」みたいな戦略スピーチを長々と聞かされ、いざ水族館へ。

中に入ると、ちょうどラッコの餌やりの時間である。子供と一緒になってガラスに張り付いてラッコを観察していて驚いたのが(背が高いヘブンフィールドさんは遠慮して奥のほうから見ている…というかこれが正しい大人の態度)、ラッコのスピードと、大きさと、変なウニャウニャした動き。私の体重の半分以上あるらしい。もっと小振りでふわふわして丸っこい感じだと思っていたが、近くで見ると、まあ当たり前のことではあるが、筋肉質で歯が尖がっている。正直、ちょっと怖い。海の中で鋭い歯をむいてウニャウニャしながら迫られたらどうしよう。カリフォルニア沖に住む海老じゃなくて、ああよかった。

f0328897_07525116.jpg
魚がイソギンチャクの中に隠れている。

人気の「昆布の森」を見に行くと、何故か巨大なアホウドリが台車に乗って、水槽の前に陣取っている。カゴに入っていないため、水族館の護衛(?)が五人くらい台車の周りに立って、アホウドリが逃げないようにしている。子供たちは怖がってあまり近づこうとしない。しばらくして、「アホウドリが通ります、道をあけてくださーい」と護衛の人が叫びながら台車をガラガラ押して、アホウドリ退場。なんだったのだ。

館内の違う階から見ることができる昆布の森、kelp forest は実に幻想的。鰯が群れて銀色に煌く巨大なボールになっている。丸々としたハタや、小型のサメなどもいる。また、所々で rockfish Sebastidae、日本語だとメバル科の魚)が昆布に抱かれてぼーっとしている。種類によって色や模様が異なるが、いずれにしても割りと地味で、目がぎょろぎょろしているからかあまり可愛い感じがしない。館内の色んな水槽にエキストラのように出演していたこのロックフィッシュであるが、何年もかけて成長するらしく、80年生きるものもいるらしい。見直したよ、ロックフィッシュ。

もう一つの巨大水槽では鯖や鮪(美味しそうと思ってしまう)、サメ、エイ、ウミガメなどがスピーディーに泳いでいる。どの魚もサバイバルしている感じがあり、先ほどの揺らめく昆布の水槽とは雰囲気が全く違う。そこで孤独に一匹で泳ぐマンボーを見つけた。彼だけおぼつかない泳ぎ方だなあと思って眺めていたら、マンボー、水槽の壁にガンと突き当たる。方向転換が苦手のようだ。

f0328897_07305049.jpg

ラッコが喜びそうなアワビや、ヒトデに触れることのできるプールを発見。ウミウシやピンク色の派手なウニ、またガンギエイ科のskate の一種(名前が出てこない)もここにいる。エイは時々水面まで来て、ぴちゃぴちゃとしぶきを立てながら進み、泳ぎ方はまるでスカートがひらひらしているように見える。ダンボの耳のような動きでもある。エイの卵は英語で「人魚のお財布」というらしい。なんて詩的なんでしょう。

ヘブンフィールドさんはガンギエイをいっぱい撫でて、とてもご機嫌である。ガンギエイの皮は滑らかで少し「ふにゅっ」としているらしい。「ちょっともう一回撫でてくる!」と言って戻ってこないので、私はその間にウミウシ、イソギンチャク、クモヒトデ・・・つまりふにゅふにゅしたものを中心に一通り触ってみることにし、ふにゅふにゅ感に歓心を得る。

(周りにいる子供たちは、ふにゅふにゅ系よりもはっきりとした動きのヤドカリに興味が行ってしまうようだ。大人になったらふにゅふにゅ系の良さも理解できるようになるさ、きっと。)

Louis Roule (1935). Rajidae swimming. Public domain.

ペンギンたちは換羽の真っ最中らしく、ボサボサで少し情けない姿である。己の恥ずかしい姿をじっと堪えるようにして、目を瞑って佇んでいる。この間抜けな感じが、とても良い。

パフィンもいる。私がこの夏、鯨ウォッチングボートで命がけで(嘘)見つけたタフテッド・パフィンも、ここで飼われている。しかし、荒波を平然とサーフィンするタフテッド・パフィンを見つけた時の感動はここでは起きない。ヘブンフィールドさんはヘブンフィールドさんで、ガラス越しに見る海鳥に違うがっかりを感じている。「アラスカで見たパフィンの方が可愛かった。この子たちはあまり可愛くない」と、理不尽な文句を言っている。



f0328897_08004906.jpg


パフィンでがっかりした後、クラゲの部屋にやっとたどり着く。

展示室に名前が付いている。それも「ザ・ジェリー・エクスペリエンス」で、「これは上手い!」と二人で感激する。Jelly はクラゲの愛称で、「ザ…エクスペリエンス」は明らかに The Jimi Hendrix Experience にかけている。展示室では60年代風のサイケデリックロックが流れており、彩り豊かなクラゲたちがラーヴァランプのように妖しげに動いている。

クラゲと言えば、ドイツの生物学者エルンスト・ヘッケルを思わずにいられない1904年に出版された Kunstformen der Natur に描かれている幾何学的なクラゲやイソギンチャクや海綿動物を思い出してしまうのだ。(英訳は Art Forms of Nature 。邦題は『生物の驚異的な形』とある。)

f0328897_08295857.jpg
Haeckel, Ernst (1904). ''Siphonophorae.'' In Kunstformen der Natur.

ヘッケルのモノグラフがそのまま動き出したようなクラゲたち。探さなくてもプランクトンが降ってくる水槽の中で、平和に過ごしている。色々な種類が一度に見られてとても満足である。さすが、ザ・クラゲ体験。

あまり知られていないと思うが、ヘッケルはクリスマスのグリーティングカードの挿絵を描いていたことがある。そのカードにもクラゲがわんさか登場している。例えば、これ。


f0328897_08284845.jpg

まず注目すべきところは、男の子がクラゲを凧にして遊んでいるところである。なんてシュールなのだ。しかもクリスマスだと言うのに妙に薄着ではないか?これはどう考えても、春に公園の池で紙ボートを浮かべる服装である。突っ込みどころ満載だけれど、クラゲへの愛がひしひしと伝わってくる。こんなカードがうちに届いたら、とても嬉しい。

他にココナッツ・タコ(coconut octopus )が歩くのを見たり珊瑚に潜むイカを探したりしていたら、もう5時間以上経っている。そういえば腹ペコだ。

f0328897_08200710.jpg

キャナリー・ロウを後にし、車で20分ほどの違う町にある Phil's Fish Market という店で晩御飯を食べることに。サンフランシスコが発祥地の、チョッピーノ( cioppino )というトマトベースの魚介類シチューを頼む。体が温まる、ガーリックブレッドと一緒に食べたいシチューだ。フィルズのチョッピーノのレシピを参考に、家で再現してみようと思う。


Or me.

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by majani | 2014-10-26 08:36 | 動物王国 | Trackback | Comments(0)


ナンデモアリフォルニアの某大学院で研究中。海外生活、旅、散歩で出会った生き物などの記録です。たまに哲学や語学に関するエッセイもどきも。


by majani

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
言葉と物
旅に待ったなし
院生リンボー
食べる人々
動物王国
ナンデモアリ
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

Like what you see?

ランキングに参加しています。
ハリネズミと蛙をクリックしてね。




ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

ライフログ









タグ

最新の記事

桜とヤシの木
at 2017-04-02 06:47
コヨーテヒルズ
at 2017-03-30 09:29
富裕とワガママ
at 2017-03-23 12:46
彫刻の森
at 2017-03-16 13:41
チャップリンの靴を食べる
at 2017-03-10 06:06
至高の昼ご飯
at 2017-03-08 05:39
雨の日のロダン
at 2017-02-25 11:28
ポイントレイズの一日
at 2017-02-19 10:12
レバノン料理
at 2017-02-15 14:51
クラムチャウダー国家
at 2017-02-13 09:41

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ

ブログパーツ

検索