人気ブログランキング |

ギャンブルする

ポートランド本屋コーヒーを満喫し、友人たちと別れた私。旅行はそのまま続く。

f0328897_10434777.jpg

パリ…ではなかった、ラスベガスに降り立った。

ポートランドの静かな森から、フィッシュネット姿のダンサーたちがお尻を振りながら声をかけてくる、ギャンブルと快楽の街にやってきた。

日本から来ている両親と空港で待ち合わせをしている。(私がポートランドにいる間、親はサンフランシスコで遊んでいた。)私がニット帽で現れると「ポートランドの人になってる」と母が笑った。ラスベガスは日差しが強く、暑い。早速、服のレイヤーを一枚、二枚と削ぎ落した。

f0328897_10455685.jpg
久々にヤシの木を見る。

初めてのラスベガス。メジャーなホテルが並ぶ大通りを「ストリップ」という。

そのストリップ沿いをタクシーで行くと、Caesar's Palace や MGM Grand など、聞いたことがあるようなないような豪華なホテルが相次いで窓の外を煌びやかに過ぎていく。タクシー運転手がベガス周辺のハイキングトレールについて熱心にアドバイスしてくれた。

f0328897_10565460.jpg

ラスベガスの宿は、カジノで設けているため、基本的に安い。しかしどうせならゴージャスに過ごそうぢゃないかと思い、ホテル・べラジオに泊ることにした。ハーレクイン的な模様の壁紙が何だかベガスらしい。

f0328897_10364106.jpg

部屋の窓からべラジオの有名な噴水が見える。(ホテルに泊まらなくても見に行ける。)噴水のパターンは、部屋のテレビを付けると最初に出てくるホテルチャンネルで流れている曲に合わせてあり、下のカジノで high roller が大儲けすると突如エルビスの Viva Las Vegas がかかるらしい。

しばらくしてコーヒーを求めて母とホテル内のスターバックスへ向かった。

広い施設なのでスタバに行くだけでちょっとした散歩コースだった。延々と続くカジノを抜け、ティファニーやボッテガヴェネタなどラグジュアリー店が並ぶエスプラナードを通り、さらにてくてく歩く。辿り着くだけで喉が渇いてしまったので、水を買おうとしたら、なんと小さなペットボトルが一本10ドルするという。じゅッ?!空港で買ったって高々5ドルなのに、ここスタバなのに、ノルウェイの奥地から運んできた素晴らしい天然水とかいうわけでもないのに、このゴージャスな値段はどういうことなのか。

けっきょく買わなかったが、今思い出しただけで、また腹が立ってしまった。

f0328897_10342955.jpg

そうこうしているうちに、リルケもホテルに到着。皆揃ったところで、カジノへ。

リルケは、ベガスに向けてブラックジャックの研究(?)をしていたが、けっきょくスキルが問われないスロットマシンに専念する家族。スロットマシンといえば、がちょん!とレバーを引くイメージが強い。実際はほとんどのレバーがお飾りで、タッチスクリーンかボタンを押す機械が多い。

「あー!」とか「うわ~」とか喜んだり悔しがったりしながら派手にお金を使っている親チーム。その一方、1ドル、2ドルずつ、とちまちまギャンブルする小心者の私とリルケ。10ドルの水をケチらず買っていたら、もっと良いことあったかな。

f0328897_14382358.jpg

その夜、シルクドソレイユの "O" を観に行った。半信半疑で行ったのだが、これがけっこう面白い。ストーリーはともかく、パフォーマーの体力とあっと驚くアクロバットに観客から喝采が沸き起こる。

この後しばらく、シルクドソレイユのパフォーマーの真似をしながら日常的なことをする(例:エレベーターまで駆けて行く、お茶を注ぐ、相手に何かを渡す)という「シルクドソレイユごっこ」が我が家で大流行する。

f0328897_14424739.jpg

日が落ちると、ベガスはネオンライトの街に変身する。ショーの後もカジノでちょっぴり儲けたりちょっぴり損したりして、早めにお開きにする。

一泊限りのラスベガス、4ドル儲けて後にした。

f0328897_14511855.jpg

翌日、レンタカーを借りて近くのフーバーダムに寄った。何か怪しいことがあったら警察に言いましょう、というサインの絵がどこか漫画っぽくて可愛い。

f0328897_14545424.jpg

しつこいけれど、日差しが強い!寒くて暗い冬をボストンで過ごしただけに、顔がヒリヒリする。

f0328897_14583184.jpg

アメリカ西部の家族旅行、続く。



にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
# by majani | 2019-05-18 11:33 | 旅に待ったなし | Trackback | Comments(2)

ポートランド散策

ポートランド旅行の続き。

f0328897_07020204.jpg

ポートランドは美味しいコーヒーの街。かの有名な Stumptown Coffee 発祥の地だと知り、早速スタンプタウンのカフェに入った。

季節限定のハチミツとペッパーコーンのラテというのを頼んだ。ビーニーを被ったバリスタは、得意げな表情でちらりと私の方を見ると、ラテの上にそのままブラックペッパーコーンをガリガリと砕いてみせた。少しスパイシーで不思議な味だったけれど、美味しかった。

f0328897_07112981.jpg

ポートランドは美味しいドーナツでも知られている。私がポートランドに着いた日、友人たちは「まじゃーににピッタリなドーナツを見つけたから、食べてごらん」とキャンディーピンク色の Voodoo Doughnut の箱を差し出したのだった。

f0328897_07143510.jpg

怖い。ちょっと待てい、私にピッタリとはどういうことか。(食べかけが放り込んであるのもどうしたものか。)

恐ろしいお顔によらず、アイシングがとても甘い。

f0328897_07244044.jpg

懲りず、翌日、ドーナツ屋に入った。「大人のドーナツ」がモットーの Blue Star。確かに大人が行列している。

f0328897_07255020.jpg

つやつやしたドーナツがカウンターに並ぶ。定番のシナモンシュガーから、ブルーベリー・バーボン・バジルのドーナツや、メープルシロップとベーコンのドーナツまで、材料を読み上げるだけでワクワクする品揃いだ。

f0328897_07374271.jpg
www.bluestardonuts.com/donuts より。ボストンに店がないというのに、ウェブサイトをじっくり研究してしまう。

私はパウダーシュガーがかかった、オレンジオリーブオイルという比較的に素朴なケーキドーナツを選んだ。微かにオレンジとフェンネルの香りがする。

f0328897_07435032.jpg

ランチは Lardo というサンドイッチ屋に入る。バインミー、フレンチディップ、ミートローフサンドなど、豪華なサンドイッチが黒板にリストアップされている。

f0328897_07510697.jpg

小食な友達が一人いるので、彼女とフレンチディップを半分こした。小食と言っても、これで立派な量だけれど。ハラペニョとパルメザンがけの、ワイルドな感じのフライドポテトも美味しかった。

f0328897_07580697.jpg

次はポートランドのブランド、Pendleton の店へ。私のイメージだと、ポートランド人は皆こういうブランケットやフリースを持っている。西海岸の森の中でペンドルトンのブランケットをまとい、夜空の星を眺めてみたいものだ。

f0328897_07550060.jpg

ドーナツでハイになっているのか、お金を使いたい気分。留守番中のリルケのために Pendleton の高価な熊柄ソックスを買った。友人たちもつられて、それぞれのパートナーのためにソックスを買っていった。(今回の旅は「significant other 禁止」というルールがあった。)私たちのおかげ(?)で今頃、派手な靴下をはいた男たちがアメリカ各地を歩き回っていることであろう。

f0328897_08035563.jpg
女性のゲイコミュニティを中心にターゲットするユニセックス洋服店 Wild Fang 。シンプルだけどデザイン性の高いシャツに惹かれる。

ポートランドのダウンタウンは素敵なブティックや雑貨屋が沢山並んでいる。カフェでお茶をしてはブティックに入り、おやつを食べては店に入り、という具合に何時間もぶらぶらしてしまった。これからまだ旅が続くので嵩張るものは手が出ないが、アクセサリーを何点か買った。

f0328897_08114910.jpg

ワインバーで選んだオレゴン州のピノとキャブを宿に持ち帰り、久々に全員で集まれたことに再度、乾杯する。楽しいポートランドの週末も、そろそろお開き。

f0328897_08154342.jpg

早朝、まだ暗いうちに家をそっと出ると、近所の猫が見送りに来ていた。ポートランド、また戻ってきたい街だ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

# by majani | 2019-05-10 11:37 | 旅に待ったなし | Trackback | Comments(5)

こんなところに日本庭園

のろのろとポートランド旅行の続き。

米国内で旅行をしていると、「へえ、こんなところにお寺」「何故ここに灯篭が」と、らしからぬ場所に日本ぽい建築物やら記念碑やらが突如現れることがある。

ポートランドに美しい "authentic" な日本庭園があるとか。パウエルズブックスに行くほかに何も観光を考えていなかったので、行ってみることにした。

f0328897_08205535.jpg

ところでこのオーセンティックという言葉。様々な文化が交じり合う移民の国だからか、米国では何に関しても authenticity が求められる。たとえば料理の品質の証として、この店のジャパニーズフードはオーセンティックだ、本格的だ、東京で味わえる同じ味だ、と評価されたりする。若い国であるが故に歴史的、文化的真正性が重要視されるのだろうか。それはさておき、authenticさを謳っている店こそしかし、元の文化や伝統からかけ離れているトンデモナイものが出てくることがあるので、私はこの言葉を目にするとむしろ不審を抱いてしまう。

このジャパニーズガーデンとはどんなものだろうか。入口で受け取ったパンフレットに早速、authentic の言葉が大々的に印刷されている。

f0328897_09312712.jpg

思い切りひねくれ者の枕になってしまったが、つまるところ、とても素敵だった!疑ってかかってごめん、ポートランド!

f0328897_08215591.jpg

日本庭園のスタイルと、パシフィックノースウェストの大自然を象徴する真っすぐで背の高いマツの木が重なりあい、妙なコンビではあるが、これが何故かしっくりくる。

f0328897_08221132.jpg

このような石庭もあった。

f0328897_08233206.jpg

小鳥のさえずりが鳴り響く。

f0328897_08222177.jpg

障子の奥では・・・

f0328897_08225103.jpg

茶室などで床の間を飾る水石の展示会が行われていた。アメリカ人の写真家による北海道の風景写真も。

鑑賞石に関する知識ゼロの私だが、チグハグの間隔でゴロゴロと転がっていると何となく心が落ち着かないのは私だけだろうか・・・。すっきりした床の間にポツンと一つだけ石があるのがイイのにね。

f0328897_08230869.jpg

遠くにポートランドの街並みが見える。

f0328897_08270744.jpg

眺めを楽しんだ後、休憩所にあるお茶屋さんで一服した。アメリカ人の店員が丁寧にゲンマイチャとワガーシーについて説明してくれた。

f0328897_08232089.jpg

「まじゃーに、故郷に戻ってきたようだった?」と友人が冗談を言う。苔の深緑、光の色、木々の表情、それは私の日本ではない。しかしポートランドの意外な一面が楽しめて満足だった。美しいならば、オセンティシティにこだわらなくても良いのでは。

この後は街に戻り、ショッピングと食べ歩きだ。



にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
# by majani | 2019-05-07 12:34 | 旅に待ったなし | Trackback | Comments(2)


カリフォルニア、ニューヨークを経て、ボストンにやってきた学者のブログ。海外生活、旅行、日常の記録。たまに哲学や語学に関するエッセイもどきも。


by majani

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
言葉と物
旅に待ったなし
院生リンボー
食べる人々
動物王国
絵葉書もどき
ナンデモアリ
未分類

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

Like what you see?

ランキングに参加しています。
ハリネズミと蛙をクリックしてね。




ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

ライフログ

On my nightstand

Wayfarers

On my reading list

Milkman (English Edition)


Ill Fares the Land


Women & Power: A Manifesto


New Ways to Kill Your Mother: Writers and Their Families

タグ

最新の記事

ギャンブルする
at 2019-05-18 11:33
ポートランド散策
at 2019-05-10 11:37
こんなところに日本庭園
at 2019-05-07 12:34
パウエルズで本を漁る
at 2019-04-14 13:40
ポートランドより
at 2019-03-14 14:31
カノーリを食べる
at 2019-02-18 14:09
動物礼拝
at 2019-02-07 08:16
空港にて
at 2019-01-31 09:51
ウォールデン
at 2019-01-25 07:23
年が明けている
at 2019-01-20 06:27

最新のコメント

噴水、みごとでしょうね。..
by milletti_naoko at 17:30
majani さん、 ..
by stellalove124 at 08:29
おはようございます。 ..
by indigo-gal at 22:31
> あつあつさま さす..
by majani at 10:51
> indigo-gal..
by majani at 10:43

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ

ブログパーツ

検索