人気ブログランキング |

ヴァチカンとパンツ

ローマの休日の続き。

f0328897_11543724.jpg

前回に続き、ヴァチカン美術館をうろうろしている。

f0328897_11541151.jpg

天井、床、壁・・・どこを見ても装飾品だらけで、圧倒されながら突き進む。

f0328897_11551788.jpg

こちらは古い地図のフレスコ画が両側の壁を覆う。

f0328897_11553118.jpg

綿密で美しい地図。じっと見ると、何隻もの船が集まって戦っていたり、海賊船が旗を揺らしていたり、不思議な海の怪物がぽこっと頭を出していたりする。真っ青な海の上でいくつもの小さなドラマが繰り広げられている。

写真の左下の方に描かれている金色の蜂はカトリック教のシンボルだと、ツアーグループの解説を盗み聞きした。

f0328897_11560083.jpg

薄暗くて静かな部屋に迷い込んだ。窓の外で、白い日差しが夕方のハチミツ色の光へと変わり始めている。

f0328897_11561000.jpg

私も窓際で休憩。ふと足元を見ると、奇麗なタイルが敷き詰められている。万華鏡を覗いているみたい。

f0328897_11562197.jpg

そして上を見上げると、豪華なマツボックリ!ポコポコ並んでいて楽しい。

f0328897_11555027.jpg

古代ローマ、ルネッサンス期の芸術品が多いが、もう少し近代的なものも所蔵されている。ゴッホ、ダリ、マティス、ロダンなどの宗教をテーマとした作品を拝見した。

私が特に気に入ったのは、上のイタリアの彫刻家 Giacomo Manzù による小ぶりの像。1960年代の物。

f0328897_11554064.jpg
アリストテレスくんもいた。

さて、ヴァチカン美術館のハイライトといえば、ミケランジェロが手掛けた超大規模フレスコが天井を覆うシスティーナ礼拝堂である。いろいろな情景が描かれているが、私の中で最も印象が強いのはアダムが神様とET的に指を触れるシーンだ。

礼拝堂のタペストリーを担当したのは、売れっ子アーティストのラファエロ。野心家のラファエロは、一方的にミケランジェロをライバル視していたとのこと。

先日、ポッドキャストで聴いて初めて知ったが、礼拝堂の依頼がきた当時、ミケランジェロは、「あいつ、絶対に失敗するぜ、ぐっふっふ」と陰で笑われていたらしい。ミケランジェロ自身もいやいや作業に取り掛かったという。システィーナ礼拝堂の天井を頼まれることは大変光栄なことだと勝手に思っていたが、そうでもなかったようだ。さらに私は、天井に絵を描くには仰向けで作業するものだと思い込んでいた。実際ミケランジェロは、観光客と同じ、立ったまま、首をひん曲げた状態で長時間にわたり筆を動かしていた。(この体勢、すごく辛い、と友人に愚痴をこぼす手紙が残っている。)わたしも首がへし折れるかと思った。時を越えてミケランジェロに激しく同情する。

さて、ミケランジェロは、作品が仕上がるまで誰にも見せないようにしていた。そこへある日、ラファエロが、「どんな下手な絵を描いているかな、ふふふちょっと覗いてやれ」とこっそり視察にきた。それがもちろんスゴく上手いので、がーーーん!ときたラファエロは、ほぼ完成していた自らのタペストリーをいちからやり直したそうだ。馬鹿にされていたミケランジェロ、リベンジを果たせたといえよう。辛い姿勢に耐えた甲斐があったねえ。

こういうスカッとする話、好き。ラファエロも憎めないワル(?)で好き。

f0328897_07005018.jpg
礼拝堂の中では写真撮影が禁止されていたため、上はウィキペディアコモンズより拝借。腕を差し伸べるアダムは写真の上の方に見られる。正面に写っている壁のフレスコは『最後の審判』。写真:Antoine Taveneaux

ついでだから、システィーナ礼拝堂に関する逸話をもう一つ。

元々の『最後の審判』では、登場人物が素っ裸で描かれていた。しかしこれが思わしくないと教皇のお偉方がブツブツ言い始めたため、システィーナ礼拝堂の危機を察したミケランジェロの弟子 Daniele da Volterra は、1565年に、大胆な行動に出る。自由奔放に裸を晒す『最後の審判』の登場人物にせっせとパンツを履かせた(描き足した)のである。(パンツというか、羽衣的な物や、都合よく配置されたイチジクの葉など。)

よって、システィーナ礼拝堂のパンツ絵師、という少しマヌケな評判が定着してしまったダニエレ・ダ・ヴォルテラであるが(イタリア語で「大きなパンツ」という可哀想なあだ名がついた)、そのおかけでミケランジェロのフレスコ画はトリエント公会議による宗教画におけるヌード禁止令から免れ、システィーナ礼拝堂は取り壊されてしまう運命から救われたのだった。そう、パンツ絵師のおかけで、私達は今こうして首を痛くしながらミケランジェロやラファエロやボディチェッリの作品に胸を打たれている。ありがとう、パンツ絵師ダニエレ!スゴイ貢献だよ!

残念ながら、写真撮影が厳しく禁止されていた。是非、ヴァチカン美術館のウェブサイトで(パンツ付きの)『最後の審判』をご覧ください。

パンツを眺めていたら、あら、閉館時間になっている。まる一日ヴァチカン美術館で過ごした。

f0328897_11564146.jpg

迷子になった。閑散とした美術館のルートを折り返して出口を探していると、先ほどまで大勢の人で賑わっていた彫刻のホールに出てきた。今は門が閉じられ、中でおばちゃんが一人、しゅっしゅっとモップを押している。

掃除のおばちゃんは、毎日どのような思いで1700年前のモザイクにモップをかけるのだろうか。

f0328897_11533869.jpg

やっと、出入り口のらせん階段を見つけた。最後の最後まで美しい。

f0328897_11565103.jpg

何もなかったのように普通の住宅街に出た。

ローマの休日、続く。



ブログランキング・にほんブログ村へ

# by majani | 2019-08-14 06:46 | 旅に待ったなし | Trackback | Comments(7)

ヴァチカンとマツボックリ

ローマの休日のつづき。

f0328897_10420919.jpg

ジェラートを食べたりしながらヴァチカンに向かった。私たちは道草喰うのが得意だ。

やっと見えてきた。手前の通りは普通の車がぷーぷークラクションを鳴らしながら走っている。

f0328897_10430588.jpg

サンピエトロ大聖堂を正面から眺めるために近づくと、ダフ屋がわらわらと出てきて、オネーサン、オネーサン、すぐ入れてあげられるよ、と声をかけてくる。実際はちゃんとしたツアーガイドなのかもしれないけれど、クリップボードを片手によくわからないIDカードをこれ見よがしに首から下げて「正式」感を演出している、とても胡散臭いオジサンばかりである。

胡散臭いオジサンが闊歩するこのサンピエトロ広場にも古代エジプトのオベリスクが立っている。西暦37年に、カリギュラによりローマに運ばれ、16世紀後半に、ローマ教皇シクストゥス5世の指示のもとサンピエトロ広場に移された。

f0328897_10523058.jpg

ローマ市内は「マツボックリ」テーマのものが多い。上はヴァチカン美術館にて中庭の壁を飾る、巨大なマツボックリの噴水、Fontana della Pigna。4メートル近くある銅のマツボックリは、そのまま La Pigna(ザ・マツボックリ!)とも呼ばれる。昔はパンテオンの近くにあった。

マツボックリは歴史的に、そしてローマ神話において特別なシンボルであるようだ。また後でマツボックリについて触れるが、とりあえず美術館の話を。

f0328897_10595061.jpg

私たちは去年、サグラダ・ファミリアでのほほんとし過ぎていた失敗から学び、長蛇の列を飛ばして入館できるチケットを事前に購入している。設定時間よりかなり早く着いてしまったが、まったく問題なかった。

歴代ローマ教皇の収集品を展示しているヴァチカン美術館。最初の古代エジプト関連の所蔵品からして、イキナリ面白いものだらけ。

f0328897_11080133.jpg

貿易を通じ、アレキサンドリアやヘリオポリスなどエジプトの都市と綿密な関係があった古代ローマ人。エジプト(アエギュプトゥス)がローマの支配下に渡った紀元前30年以降は、イタリアのローマにエジプト文化の影響がさらに強く見られるようになったはず。

オベリスクやパンテオンの柱のためにひーこら運んできた石の他、上の「Hermanubis」の彫刻が良い例だ。ヘルメス(ギリシャ神話における神々のメッセンジャー、ローマ神話ではマーキュリーの名を持つ)と、ジャッカルの頭を持ったアヌビス(エジプト神話における冥界の神)が組み合わさり、「ヘルマヌビス」という神が登場するようになった。伝令使ヘルメスは、旅人や商人の守護神であると共に、死んだ人間の魂を冥界に送り届ける役割も果たしていたため(忙しいこっちゃ)、冥界の神アヌビスと重なりあったと解釈されている。

古代ギリシャにもヘルマヌビスを題材とした芸術品がちらほらあるが、この彫刻はローマ帝国のもの。ギリシャ神話の根強い影響、そしてエジプトに対するローマ人の強い関心を同時に表す実に印象的な作品である。神様に対し失礼なことを言うが、ヘルメスのひょろっとした青年の脚に短めのチュニックと、古代エジプト人が描く威厳あるアヌビスとは対照的に、今にもフレンドリーな舌をペロッと出しそうな「普通の犬」になってしまっている頭の組み合わせが、どこかマヌケで、スゴク面白い。生々しいほど人間的な手も、犬の頭と調和が取れておらず衝撃的だ。巨大なローマ帝国の統治の陰にある「文化のぶつかり合い」みたいなものを感じさせる。

このようなローマ化された「エジプト風」の彫刻をたくさん見た。

f0328897_12383862.jpg

写真にツアーグループを入れないようにしているが、これがとても難しい。次々とドイツ、フランス、中国、日本、韓国、英国(以下略)の団体が押し寄せてくる。

f0328897_12213186.jpg

しばらく中庭のカフェで休むことにした。(さきほどの、ザ・マツボックリがある場所。)

f0328897_12264273.jpg

バストや手足がずら~と並ぶ Chiaramonti 館のホールに戻ると、僅かに人の波が引いていた。

f0328897_12282970.jpg

ギリシャの彫刻を真似たローマのレプリカが多い。「流行りのポーズ」があったようで、違う彫刻家による全く同じポーズをしたミューズが何体もあったりする。

f0328897_12311495.jpg

Pio-Clementino館に展示されたナイル川の神を描いたローマ帝国の彫刻。ワニなど川の動物と小さな Carpiたちが戯れている。ナイルの神はちゃっかりとスフィンクスを肘掛に使っている。

先ほどのハマヌビスとは雰囲気が違うが、やはりエジプトの影響が強く出ている作品だ。

f0328897_09410817.jpg

いくつもの美術館を順番に抜けていく。上はピオ・クレメンティーノ館にある小さなめの中庭。その周りに美しい大理石彫刻がいくつも展示されている。

f0328897_09413943.jpg

上のラオコーン像は古代ギリシャの彫刻で、トロイの神官ラオコーン(中心でうわあ~となっている人)とその息子二人が海蛇に巻き付かれているシーンを描いている。ギリシャ神話でラオコーンは、トロイの木馬を暴こうと槍を投げつけるが、女神のアテナが遣わした海蛇によって二人の息子と共に殺される。ラオコーンの筋肉の動きや、今にもうめき声がこぼれ出てきそうな苦悶の表情が印象深い彫像だ。

f0328897_09415260.jpg

ラオコーンの近くにあったサルコファガス。蓋の上に横たわる女はユリディーチェだろうか?

またしつこくギリシャ神話の登場人物。美しいユリディーチェはある日、恋人オルフェウスの知人にレイプされそうになり、草叢を走り抜けて逃げようとした際、毒蛇に噛まれて死んでしまう(始めから最悪の展開!)。悲しみに明け暮れるオルフェウスは、最愛の人を救うため、オリュンポス神々の助けを借りて冥界へと旅に出る。

激しく中略するが、まあ、旅の途中で色々とあるわけですよ。やがて、「地上へ戻るまで、後ろを振り返ってはならない。この約束を守ればユリディーチェを生き返らしてやろう」と冥界の神ハデスに言われるが、最後の最後で嬉しさのあまりにユリディーチェの顔を見ようと振り返ってしまうオルフェウス。あと10秒待てたならば。しかしユリディーチェは永遠と帰らぬ人になってしまった。

様々な芸術品の題材になった有名な悲劇のラブストーリー。

f0328897_09420373.jpg

こちらは「動物の部屋」という展示室。たしかに動物が多い。楽しい。

・・・うーん、説明が適当になってきてしまった。彫刻の写真にキリがないので、ヴァチカンの後半は別の記事にする。

f0328897_09441608.jpg

最後に、またマツボックリ。

上は、こぢんまりとした部屋で見つけたマツボックリのシリーズ。中庭のカフェから眺められる大規模な「ザ・マツボックリ」の迫力はないが、どこか可愛らしい丸い形が好きだ。相当古いのだろう、鱗状のマツカサの部分がなくなり、ツルツルになってしまっている。

ローマ市内で沢山の松の木を見た。どれもひゅーんと背が高く、天辺の部分だけ平たく枝と松葉が広がっており、折り畳み傘を開いたような形をしている。二、三千年以上前も、全く同じように沢山のマツボックリが地面を覆っていたと思うと古代の彫刻家たちが大小のマツボックリを削っていたことに納得がいく。

それにしても、この扇風機は何なのだ。ツルツルと言えども歴史ある芸術品なんだから、もう少しちゃんと保管した方が良いんぢゃないか、とハラハラさせる部屋だった。

ヴァチカン美術館の話、続く。



ブログランキング・にほんブログ村へ
# by majani | 2019-08-11 11:09 | 旅に待ったなし | Trackback | Comments(4)

行き当たりばったりのローマ

ローマの休日の続き。

f0328897_14123942.jpg

ローマは歩きやすい。私たちはあまり観光のプランニングをせず来てしまったが、ブラブラ歩いているだけで「ああ、あれは有名なアレだ」「おお、こんなところにコレが」「この立派な建物はなんだろう」と面白い物に行き当たる。

f0328897_15064644.jpg

上はたまたま通りかかった、ユリウス・カエサルが暗殺された場所である Largo di Torre Argentina。お前もか、ブルトゥス、がここであったのか・・・!どうしてもっと宣伝していないのだろう。暑いせいか、私たち以外、誰もいなかった。

今回はそんな「行き当たりばったり」の場所を紹介する。

f0328897_13582459.jpg

歩いていたら、ぽっかり穴が開いていた。かすかに声がする。手すりに捕まって覗き込むと、遥かに下の方で、涼し気な中庭のような場所にツアーグループが集まっていた。

いきなり現れた「穴」は、ルキウス・コルネリウス・バルブスが建設した劇場の跡、 Crypta Balbi だった。テーマ別に4カ所に分館されているローマ国立博物館の一館で、私のような(ビックリした)歩行者が路上から覗き込める部分がある。紀元前13年にガリアの戦から戻ってきたアウグストゥスに謙譲されたバルブス劇場は、古代書物にあまり登場しないため、長い間、場所が謎に満ちていた。やっと発掘が始まったのは1980年代のこと。

f0328897_14140459.jpg

行き当たりばったりのトレビの泉。

有名なバロック調の Fontana di Trevi 。ちっちゃ~なウエストのオードリー・ヘップバーンと、グレゴリー・ペック主演の『ローマの休日』や、フェリーニの『甘い生活』を思わずにはいられない。また、トレビの泉といえば、後ろ向きに左肩の上から、一枚、二枚、三枚とコインを投げ入れるおまじないだ。一枚目はローマ再訪を暗示し、二枚目は美しいローマの人との出会い、三枚目はその人との結婚を保証する、とか。この伝説が1954年のアメリカの映画 Three Coins in the Fountain のテーマとなっている。

一日に何千ユーロも溜まるそうだ。お正月のお賽銭どころじゃない。

f0328897_14304335.jpg

中心で偉そうにしている人物は、ギリシャ神話・ローマ神話に登場する海と川の神オケアヌス。オリュンポス十二神(やりたい放題のゼウス、嫉妬深いヘラ、またナヴォーナ広場で蛸と戦っていたポセイドンを含む)に先行するティーターンの一人だ。

ギリシャ神話を面白おかしく伝えるスティーブン・フライの『Heroes』によると、 Titan は、現代語でタイタニックなどの単語に残っているため、ティーターンたちも「巨大」、つまり巨人だったと思われがちだが、元の古代ギリシャ語は of the earth、つまり「地の~」という意味らしい。そういわれてみればチタンの語源でもある。地球の底から込み上げてくる大きな力を感じさせるパワフルな神たちだ。(後にゼウス率いる神々に敗れ、世代交代を強いられる運命ではあるが。)

ところで、神様たちはやたらと海から馬や牛を登場させたがる。トレビの泉の彫刻を見て、ポセイドンが海からボーン!と出現させた美しい白い牡牛の話を思い出した。クレータの女王 Persiphaeは、その牡牛に激しい恋をしてしまい、アテネの工匠ダイダロスに木製の牝牛の像を作らせ、自ら中の空洞に入り、牡牛と交わるのである。そうして生まれたのが牛の頭を持った、哀れなミノタウロスだ。子供の頃、クレータの迷宮に閉じ込められたミノタウロスをセーシウスがやっつける話を読んだが、パーシパエーのショッキングなバックストーリーを知るのは何年も先のこと。

f0328897_15054770.jpg

この真白な建物はなんでしょう、と他の観光客につられて道路を渡った。

f0328897_15061300.jpg

Altare della Patria (国父の祭壇)といい、イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の記念堂、また無名戦士の墓だそうだ。イタリア統一戦争についての歴史博物館があり、様々な部隊の旗が展示されている「旗の聖堂」を見てきた。

f0328897_15053727.jpg

Altare の近くで、マツボックリの形をした噴水を発見。

沢山の水飲み場 fontanelle があるローマ市内。このようなミニ噴水で、プラスチックボトルに水を補充したり顔を洗ったりする人たちをよく見かけた。

f0328897_14361468.jpg

ローマ二日目、道草を食いながらゆっくりとヴァチカンの方角へ向かっていった。

f0328897_14363617.jpg

テヴェレ川を渡った先に見えるのは、ハドリアヌス廟としても知られる Castel Sant'Angelo 。パンテオンを造らせたあのハドリアヌスが、自分の霊廟として建設したものだ。どこか中世の雰囲気が漂うのは、14世紀以降、歴代のローマ教皇によって要塞として使われてきたからだろう。なお、サンタジェロ城は1930年代から博物館として利用されている。

歩いているだけで、時空を超えて様々な人物と会話ができるローマ。サンタジェロ城のストーリーもとても面白そうだが、私たちはヴァチカンのタイム制のチケットを取っているため、残念ながら先を急がなくてはならない。次回は世界で一番小さな国、ヴァチカンに乗り込む。

ローマの休日、続く。



ブログランキング・にほんブログ村へ
# by majani | 2019-08-02 15:59 | 旅に待ったなし | Trackback | Comments(4)


カリフォルニア、ニューヨークを経て、ボストンにやってきた学者のブログ。海外生活、旅行、日常の記録。たまに哲学や語学に関するエッセイもどきも。


by majani

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
言葉と物
旅に待ったなし
院生リンボー
食べる人々
動物王国
絵葉書もどき
ナンデモアリ
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

Like what you see?

ランキングに参加しています。
ハリネズミと蛙をクリックしてね。




ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

ライフログ

On my nightstand

SPQR: A History of Ancient Rome

On my reading list

Women Talking (English Edition)


The Hearing Trumpet (Penguin Modern Classics)

Recently read

Heroes: The myths of the Ancient Greek heroes retold (Stephen Fry’s Greek Myths)

タグ

最新の記事

ヴァチカンとパンツ
at 2019-08-14 06:46
ヴァチカンとマツボックリ
at 2019-08-11 11:09
行き当たりばったりのローマ
at 2019-08-02 15:59
パンテオンの謎
at 2019-07-28 07:46
ローマの休日
at 2019-07-23 01:07
ザイオン
at 2019-07-21 07:00
フードゥーを眺める
at 2019-06-18 04:04
イーティングハウス
at 2019-06-16 06:13
グランドキャニオン
at 2019-06-14 07:51
ギャンブルする
at 2019-05-18 11:33

最新のコメント

majaniさん、お写真..
by milletti_naoko at 18:01
> katananke0..
by majani at 13:30
> otenbaseni..
by majani at 13:25
> stellalove..
by majani at 13:18
パンツ逸話 初めて聞きま..
by katananke05 at 12:58

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ

ブログパーツ

検索